上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の図書館はWEB機能が充実していて、「読書をサポートしてくれるなあ」と感心しています。
日本にいるメリットとして大きく感じるのは、図書館が使えること。
そして母国語での読書は、英語で読むより何倍も情報量・理解度が増えます。
近頃、翻訳出版が速くなり、外国の書籍を読める頻度も上がってきています。

私の読書は、仕事関係で必要ということもありますが、何か面白そうなものを同時並行に読む方法です。
・書評、WEB書籍紹介サイト(特にHONZさんにはお世話になっています)でみつけて図書館検索して予約。
・図書館になくても、新刊だったらリクエスト予約。
・忘れた頃に連絡があり、図書館で受取。
・読み進めてよさそうなら、セブンネットで購入。買うと決めたら借りた本は即返却。
・今は買うまでもなくて、リストにしておくものは、図書館サイトの「マイブックリスト」に登録。
というサイクルにしています。
書評など、見るときはスマホを近くにおいておくと、その場で検索か、少なくとも写メでとっておけます。

本は出会いだと思います。
本屋にも定期的に足を運びますが、それ以上に↑の方法だと確実に読書生活をつくっていくことができます。
図書館は日本にいればこそ、です。

時には同時に5冊(!)とか「到着」連絡があり、慌てます。
でも、返却日が決まっているのでそれまでに時間を捻出し、どうにかして読むという強制読書となります。
これが結構いいです。
本を買うのが好きで、買って満足してしまうということがあるのが本音です。
最近は買ってくるのが重いので(!)、このような方法で、結果読書もできているのかな、と。

先日はこんな本をリクエスト。
これも、何かを(おそらく日経ビジネス)写メしておきました。
今年もいろいろ読みたいと思います。

*********
ブログ村ランキングに参加しています。
(1クリックで、ポイント(票)が入ります。)

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。