昨日はデジカメにためていた写真を新しいPCに取り込み、初めてFC2の写真縮小サービスを使い、ブログにアップまでたどり着きました。ため込んだ写真が多いのと、縮小が意外と時間がかかるのとで、夕方結構な時間をPC前で過ごしました。1月30日付記事でキッツビュールの街の写真をアップしていますので、よろしければご覧ください。
2011繧ュ繝・ヤ蟶ー霍ッ鬮倬�歙convert_20110201172003
こちらの写真は、最終日帰路の高速道路車中より撮影しました。お天気に恵まれました。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


新しいPCは少しずつ慣れて快適です。昨日は2月1日だったからかわかりませんが、朝からネットと電話がダウン。携帯電話が必要だ!と実感した1日でした。また少しチャージしておかなくちゃ。

予定表を作るようにしていますが、最近は、グーグル予定表と、PC内のエクセル(自作)と、モレスキンの手帳で同期しています。昨日はその必要性を実感しました。これがネットにアクセスしなくては何も出てこない、という場合を想像しただけでぞっとします。電話はもちろん「ネットがつながらない」ことはあり得ないかもしれませんが、現実です。

連絡もメールだけで済ませていると、危ないと感じました。事務的なメールには必ず電話番号も署名されて送られますから、手帳にメモしておいた方がよさそうです。結局電話だけだった頃に比べたら作業が増える気がしますが、平時は便利さを享受していると割り切って。

平時が普通と思っていても何が起きるかわからないのが緊急時。24時間ぶりに電話とネットが戻ったと思ったら、その後不安定です。さきほども、ブログ記事アップ中に落ちました。何かありましたら、電話やハガキ(?)で…。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


今回の写真は晴天が多くて、青がすごいです。スキーコースは長いところに行き、断念。ゲレンデスキーはもう無理かもしれないと思っています…。最近専門は「そり」。キッツビュールには専用のソリコースがあり、快適でした。
2011キッツそり1convert_20110203180720
そりコースからの1枚です。そりを置いて写真を撮ろうとしたら、無人のそりが滑り始めました。危ないところでした。自分のそりの写真は…。もう1台のカメラですので、後日追加します。

そりも、山を一気に下りる長いコースがありました。そりは大のおとなも楽しめます。木製のマイそり、持っています。またの機会に、ぜひと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


1月はコンサートは私にしてはおとなしめの1回。2月はコンサート通いが続きます。今月は2度マーラー交響曲を聴く機会があり、この日は1回目、第9番です。

アメリカのオーケストラで、会場に入るとすでにメンバーが舞台上にいるのが新鮮です。(日本や欧州では、通常は客席が落ち着いてから時間でオーケストラ全員が入場という段取りです。)最初にこのスタイルだったのが、東京文化会館でのシカゴフィル。同じマーラーでした。久しぶりにアメリカのオーケストラを聴きました。

1時間強の演奏の後の静寂が素晴らしい「音楽」でした。何も音が鳴っていない状態というのは、日常にはない気がします。改めて気づきました。コンサートに行き、無音を楽しむことを思い出すという、ちょっといい体験をしました。演奏の素晴らしさは言葉にするのはやめます。私が75歳の頃、指揮者は60歳。その頃も楽しみです。記念すべき初回、出会いの演奏会となりました。

Los Angeles-i Filharmonikusok
Vezenyel: Gustavo Dudamel
MAHLER: 9. szimfonia

(BBNH20110203)

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


大編成のオーケストラ鑑賞の翌日は、カルテット。曲目変更で、ハイドン→モーツアルト→シューベルト。とても気持ちのいい曲ばかりで、頭の中を空っぽにするという体験を久しぶりにしました。これはコンサートの醍醐味の1つです。このところ、少し頭が「段取り」に偏っていましたので。

シューベルトは私がこれまであまり聴いていない作曲家です。有名な曲はもちろん幼少から親しんでいますが、いざコンサートの演目となるとあまり…。今日の、チェロ2本の五重奏はとても素敵な曲で、さっそくCDを探そうと思っています。先日、OTTAVAラジオ放送で解説していましたが、そう、「品」があるんです。シューベルトを聴いて毎日過ごすと何か違うかもしれない、と思ったり。

ご贔屓のカルテットの次回の演奏はブラームス2曲。これも必ず聴かなくては。3月16日です。楽しみにしています♪

Pulzus Vonosnegyes
Pilz Janos, Lestak Bedo Eszter, Rajncsak Istvan, Mahdi Kousay
Kozremukodik:Benyi Tibor(gordnka)
Haydn
Schubert: C-dur vonosotos, D956

(20110204 Festetic Palota)
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!



少し戻って「スキー休み」の続きを。諸般の事情で(=高所がダメで)スキーを断念し、巡回スキーバスで宿に戻ってきました。ガンガン、ゲレンデにいるだけがスキー休みではありません(負け惜しみ)。スキー靴を脱ぎ、宿の自室にて。庭に出たらとても静かで空気がすっきりしていました。
2011キッツ宿庭1convert_20110203022333
近くにカフェがあったのですが、午後4時閉店。タイミングが悪くお茶できず。でも午後のひと時をゆっくり過ごせて、休息がとれました。
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


夕方暮れるのが少し遅くなり、昼の時間が長く使えるようになってきました。うれしい。そうするとつい昼間に2つ以上の予定を入れることができてしまいます。一度出かけて帰宅後、さらに出かけるというパターン。ただ、それをするにはまだ少し時間が足りません。朝、早く起きることの必要性を感じでいます。

これまではお昼にウォーキング、あるいは夕方運動(テニスなど)を予定すると、それで1日大仕事をしてしまった気がしていました。近所でだいたいは事が済むので、マイペースな自宅周辺生活をしています。でも少し遠出をしたくなる季節になりました。

朝、すっと動けるといいのですが。まだ目標の早起き生活には程遠いです。お茶は飲んでいます。今、ちょうど取って置きのお茶がいくつか開いているので、バンバン飲んでいます。朝食後自宅でのんびりお茶していると、つい出そびれますが、そのお茶を目覚ましにして、さっさと出かけるようにしたいと思います。理想は一度出て昼前に戻ること。美味しい煎茶と共に、春に向け活動のパターンをみつけていきたいです。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


土日は休んで3夜連続コンサート。今回は若手の演奏家です。私にとっては1年ぶり、二度目の鑑賞です。初回といい意味で印象が変わりました。今後が楽しみ♪

Fenyo Laszlo goronkaestje
Kovalszki Maria(zongora)

FAURE: Elegia; Pillango; Alom utan
SAINT-SAENS: Allegro appassionato
Hattyu
DEBUSSY: Szonata(1915)
FRANCK: A-dur szonata

20110207bartokhaz_convert_20110208173250.jpg
会場はまたしても超満員。アンコールも早々に3曲で、丸2時間のコンサートでした。チェロも素敵でしたがピアノもまたよかったです。チェロduoの世界も素晴らしいことを思い出した、しっとりしたコンサートでした。

(20110207BBEH)
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


今年に入り、日本茶講座やその他お茶の講座にご興味を持っていただきお問い合わせもいただくことが続きました。日本茶インストラクターとしてとてもありがたくうれしく思っています。様々なお茶を淹れてきた中で、「お茶に助けられる」ということを何度か聞いてきたのですが、先日はまさにそれを思い出しました。

よく「欧州の水では~」という話を耳にします。もちろんお茶はその土地の水で飲むのが一番おいしいでしょうけれど、誰でもそれが可能ではありません。外国生活でも工夫して美味しく(そして「それぞれの人にとっての」美味しいを目指して)お茶を楽しみたい。これが私の日本茶講座の目指すゴールです。とはいえ講座の準備をしながら、実は「特徴が出せなかったらどうしよう」と内心思っているのも事実ですが…。

講座で使用する茶を、自分で事前に淹れてみるのと、インストラクションで淹れるのとは多少感じが違うことがあります。講座は話しながらですから、少し時間がかかり気味です。同じようにやっていますが、実はお茶の葉は少し多めにして、湯冷ましは少し低めになり、時間は少し長めになり…。もちろん説明は「上級煎茶の淹れ方」です。

先日の煎茶はこの淹れ方で、1煎目の甘味がとても出たので、2煎目との違いがはっきり出ました。自分としては「やった!」という気持ちでした。そして「お茶に助けられた」と思いました。甘味がしっかりあるお茶のおかげです。講座では、私が静岡で最初に味わった「1煎目のインパクト」を実践したいと常に思っています。

お茶好きの方が淹れ方にも興味を持ってくださることが多く、その後の応用の力はすごいようです。まわりまわって「○○さんのお茶が美味しかったの」という話を耳にさせていただくことも、よくあります。心の中で「ガッツポーズ」です。

これからも「淹れ方」と共に、様々なお茶の種類や楽しみもご提案させていただければと思っています。講座を受講してくださった皆様、ありがとうございます。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


少し暖かくなった週末からの数日です。日曜日に走らなかったので、月曜日朝から走るつもりでスタンバイ。暖かさが極まった昼ごろ出かけました。手袋いらなくて感激! 天気がいいのでカメラ持参です。ドナウ川沿いの自転車と歩行者の専用道はこんな感じに表示されています。ここを歩行者に気を付けながら走っています。
201102jogging4convert_20110207225542.jpg
誕生日月の2月にエンジンがかかる私は新しいことをスタートさせたい気持ちになるのもこの頃です。今年も春から始める新しいことに向け少し頭がいっぱいの状態でした。少々ストレスがたまっていたみたいです。こういう時は早目に気づいて解消するのがよさそう。少し休みます。日々のことを大事にしながら、ここ数日を過ごしたいと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


最近参加しているダンスプログラムで気に入っているのは、内容のダンスもですが、最後の「整理体操」の部分。インストラクターのスローな音楽に合わせた体操は、見ていてうっとりします。目線一つとっても、計算されつくした自然な動き。とても美しく「ああなりたい」と思わせます。実際はうっとりしている場合ではないのですが…。

以前通っていたピラティスでも同じことを感じました。最後のストレッチの時の先生の体の柔軟性にうっとり。これまたうっとりしている場合でなく、私も頑張って伸ばさなくてはならないのですが。1時間のほとんどを占めるレッスンタイトルの部分の魅力は必要不可欠ですが、さらにファンを増やすのは何でもないところなのかもしれません。生徒は見ています…。

日本茶インストラクターとしてのインストラクションでも、どこを見られているかわかりませんから、やはり指の先から頭の先からつま先まで、点検することが必要な気がします。人のふり見て、ですね、日本で様々なインストラクションを見ることも大切だと改めて思います。いいなと感じたことを取り入れていきたいです。少し日本を離れていたので、心配になりました。その分フィットネスクラブで、日本茶インストラクションについて考えています。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


月曜日にフランス作曲家の演目を聴いていて、金曜日にフェスティバルオーケストラのフランスシリーズで、気分はなぜかフランス♪です。続いています。

ベルリオーズの交響曲は2008年に同オーケストラの演奏で聴いています。場所はリスト音楽院大ホールです。その時は大音量が笑ってしまうくらいの迫力だった印象があります。今回は芸術宮殿。ホールがさらに大きな楽器のようで、バランスもよくて素晴らしかった。とても細かい展開の曲と思います、でもどこかで聴いたことのあるような音が続く不思議な曲。

前半の2つめのプログラムでは若手メゾ歌手が登場しました。私自身の音域がメゾということもあって、いいメゾ歌手に出会えたのはとても収穫です。好きな声でした。手帳にメモして、またどこかで出会えるようにと思います。

コンサートは慣れたつもりで出かけても毎回新しい発見出会いがあります。それがやめられない理由。冬の夜長にコンサート通い、もうしばらく続きます。
201102MUPA2F1.jpg
※コンサートホールは2階から上、休憩中です。

Budapesti Fesztivalzenekar
Jelena Zsidkova(enek)
Pinchas Steinberg

Francia est
FRANCK: Az elatkozott vadasz -- szimfonikus koltemeny
CHAUSSON: A szerelem es a tenger koltemenye -- dalcikus
Maurice Bouchor verseire, op.19
BERLIOZ: Fantasztikus szimfonia, op.14

(20110211BBNH)
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


三寒四温まではいきませんが、寒かったり少し暖かかったりが続いています。今は寒い周期になりました。ここ数日は零度を挟んだ気温の予報です。最初から寒いとわかっていると、身体が動きません。沈殿中。

朝動き始める時にお茶を飲むのは習慣になっていますが、飲むお茶は決めていないので朝起きた気分で決定します。週末朝コーヒーを淹れていたので、週明けの今日は紅。今ネパールのTGFOPセカンドフラッシュを飲んでいます。以前ロンドンのFORTNUM&MASONで手に入れていたのをようやく開けました。すっきりした味の紅です。

あまり渋みを出さずに紅を淹れて、もう1つは煎を。現在は静岡のとても素晴らしい煎茶を開けています。こちらは茶葉多め、湯温低め、時間長めでしっかりと。こちらは甘味と渋みのバランスが素晴らしく、朝から日本茶の楽しみを味わっています。

家事をしながら二煎目まで飲むと身体が起きてきているのがわかります。現在、水分補給は「プラスコップ1杯」で丁度いいくらいの感じです。お茶飲んで、身体動かして。丁度2月、折り返しになりました。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


少し寒いのですが、こちらは今月撮った写真。ペスト側から国会議事堂を撮影しました。きれい♪ ジョギング途中です。
201102jogging2 国会議事堂convert_20110207225032
現在愛用のカメラ、リコーの【GRⅡ】はズームは「自分が」行かなければなりません。つまりズームなしです。ドナウ川沿いを走っていますから、随分川沿いですが、こんなものです。肉眼ではもっと大きく見えます。寒い冬でも晴天だと外に出たくなります。本日は友人とカフェに行く予定。もちろん地下鉄ではなくトラムで、国会議事堂&ドナウ川を眺めながら出かけます。
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


デジタルカメラを持つようになりましたが、以前から写真の整理は苦手。ついためてしまいます。PCを新しくしたことを機に写真保存を考えようと思いつつしばらく放置。【facebook】内で写真の整理がしやすいことを知り、「写真は撮ったら保存、アルバム作り」にチャレンジしています。

プリントすることを考えると、カメラの中にデータを入れておくのがいいかなと思っていたのが「ためる」原因でした。その時はその時、まずはPCに取り込み整理することにしました。過去の写真を探して整理するよりは、と今、周辺の写真をまた撮り始めています。その場で失敗した画像は消去し、数日中にはPCに取り込むようにしています。

写真やPCは道具ですが、道具を使いこなすには少し練習も必要で。諦めたらおしまいですから、頑張って身につけたいと思うこの頃です。好きなカフェの写真をネット上のアルバムにまとめたら、何だかいい感じ。情報の整理=自分の頭をシンプルにしていくのに役立ちそうな予感です。

2011cafecoyote_convert_20110207224106.jpg
※たとえば好きなカフェの「ドア」「看板」を撮影しています。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


少し日差しが明るくなってきました。寒さが戻るとは思いますが、それでも確実に春に向かっています。3月は外国にいても日本式に人の出入りが激しい時期です。自宅でお茶もいいですが、あえて外に出て、街歩きの中ゆっくりお茶を友人と一緒に楽しみたいと思います。

こちらでは少しでも暖かくなると広場に出されたテーブルで席を陣取る人が増えます。もちろんコートを着て、です。長い冬を経て、本当に太陽が待ち遠しいです。ここブダペストはまだ明るい日がありますが、それでも「冬~」という日はもうそろそろ飽きてきました。

ですので、お日様の様子しだいでは少し厚着をして外でお茶を飲むというのは試してもいいかなと思います。つまり変形の「お花見」みたいな気分で。チャンスがあれば「彼ら」と共にテラスでと思いますが、…寒いです。体感温度が違うみたい。自分が丁度いなと思う頃にはもう外は紫外線がすごく、ということを繰り返しています。

以前花見を「お茶日本茶」でしたことがあります。花冷えの時期にはお茶だけでは寒いということを学びました。少々のアルコールが入ると丁度いいです。普段頼まない、リキュール入りのコーヒーや紅茶を注文してのお茶時間、いいかもしれません。あと少しで3月です。
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


「忙しい貴方」を思い浮かべながら執筆するこの連載、書いていたら自分が少々慌ただしくなってきました。まだまだ「忙しい」レベルではありませんけれど。私の場合本当は忙しいのが好きです。忙しくない生活をしている間に、忙しい時の気分転換の仕方だけは随分身に付きました。「緩急」のつけ方を少し覚えて、忙しいのがさらに心地よくなりそうです。走るようになって体力がついたのか、日々の疲労もたまらなくなってきて。…「心を亡くす」忙しさだけは避けたいと思います。

1年はあっという間です。特に仕事や家族のことで忙しくなると、つい自分のことは疎かになりがちです。ストレス解消のための時間を使うのもいいのですが、年中行事として自分のために時間を使うという習慣ができればと思います。小旅行もいいですね。現実的には「誕生日にティータイム」、というのはいかがでしょう。

とてもエレガントなカフェで、いつもより少し長居をする気持ちで出かけるお茶時間。東京でしたらホテルオークラのテラスレストランや、ニューオータニのガーデンラウンジなんていいですね。人はいっぱいでも、周囲に気にされない空間が丁度いい。ブダペストなら…。こんなことを考えながら街を歩くのもまたいいものです。

そういう日はランチではなくティータイム。贅沢な時間の使い方です。これからの1年を思い浮かべながら、目の前を行く人々の様子を眺めていると、何か新しい発想がうまれてきそうです。
20110217ジェルボー1
ブダペストカフェ・ジェルボー」
 雪の中もお客さんが適度に来ています。

この記事をアップする20日の翌日が私の誕生日。2月に入り、私も自分のための「誕生日ティー」をしました。場所はブダペストの街中心部のカフェ・ジェルボー。ランチタイム前、人がまだ少な目のカフェで、いつもと違った時間を持つことができました。


*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


今日は私の誕生日。今年も無事1つ年齢を重ねることができました。自分にとっては「新年度」。昨年よりパワフルにこの日を迎えられた気がします。

カレンダーの関係で、私はここブダペストで9回誕生日を迎えました。とても不思議な気持ちです。こういうのを「縁」というのでしょう。感慨深いものがあります。毎回何かを考え、小さいスタートを切る気持ちになる誕生日。この年はどんな1年にしていこうかと考えています。

2月のお誕生日の友人が結構います。皆さんおめでとうございます。また一緒に歳を重ねていきましょうね。
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


ニューイヤーコンサートで有名なウィーンの楽友協会大ホールです。250キロしか離れていない近くに住んでいながら、コンサートは当地で手一杯だったため、ウィーンまで足を延ばすことはあまり考えずに過ごしていました。ウィーンはオペラ座があるので、機会があればそちらを優先にしていたのです。思い立って、このホールに行ってみようということになりました。時間帯は昼。
2011Musikverein1_20110222031503.jpg
※開演前に記念に1枚。

マーラー交響曲第6番です。約1時間半の演奏、とても短く感じました。今度スコアを入手してみたいと思いました。(スコアを持っているのはこれまではシューマンのピアノコンチェルトだけです…)マーラー縁(ゆかり)の土地で、さらにウィーンフィルの演奏の素晴らしさはここでは表現できません。そしてブダペストのコンサート鑑賞生活がどれだけ恵まれ素晴らしいか、も再認識する機会となりました。そういう意味でも思い切って行ってきてよかったです。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


少し前に手に入れた「ウィーンのカフェ」切手シリーズに出ていたカフェ、すでに行っていた店がほとんどでしたが、それでもまだ2つ行っていなくて、今回1つクリアしました。ひっきりなしにお客さんが入ってきます。
2011CafeSperl.jpg
ウィーンには様々なカフェがあります。自分のお気に入りをみつけて入り浸るというのもいいですね。カフェ、朝食からランチ、夕食まで。元旦から大みそかまでお世話になります!

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


年末はクリスマス・マーケットた立つウィーン市庁舎前の広場。この時期はスケートリンクになっています。カフェでの夕食の帰り道、寒い中スケートを楽しむ人たちを見ました。
2011Rathhaus3.jpg
結構スピード出しています、たくさん写真を撮ったのですが、あまり上手く写せませんでした。スケート、もう20年以上すべっていないな~と思いつつ。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


カフェの写真を撮り始めました。と言ってもカフェの【看板】や【ロゴ】の写真です。客席に座るとすぐ「飲む食べる」モードになります。カメラを触りたくなくて、原則料理の写真は撮っていません。記録に残したい!と思うこともたびたびですが…残念です。それで、帰路せめてロゴを撮影しようかと思いついたこの頃。入店前より飲後の方がいいみたいで。
2011Landtmann1.jpg
入店前には明るくても、出るころには暗くなるということがあって、冬はそれが盲点でした。夏になればきれいな写真が撮れそう。この頃、春が待ち遠しくなっています。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


FC2 トラックバックテーマ:「引越しは好き?嫌い?」


久しぶりにFC2テーマで書いてみます。日本は引越の季節ですね。こちらはそこそこです。当地は3月に連休があるので、地元の人で引越す人がいると聞いたことがあります。今から引越すと、バカンス前には落ち着くということでしょうか。

引越、好きか嫌いかで考えたことないです。確かに引越が好きで住居を変えるという人もいらっしゃるでしょう。以前ならその意味がわからなかったかもしれませんが、最近は「それもありかな」と思います。モノの整理を強制的にできるので、合理的かもしれません。

ただ、それに伴う諸手続きを考えると、必要以上に動きたくないというのが実感です。現在転勤族生活に入って15年。実家から出た時の引越から数えて、5回以上動いています。その都度、電気電話ガス住民票…。

引越のメリットは上に書いた通り、モノの整理ができること。特に食料は定期的に一掃できます。調味料の「残し方」も少しずつ身についてきた気がします。洗剤も、普段からなるべく種類を減らして。

デメリットは、あまり早くからパッキングすると、必要な時にみつからず、探す時間もなくて結局ダブルで購入してしまうこと。それがどんどんたまります。外国引越では船便が届くまでに2ヶ月は見ますから、予備のものが増えてしまいます。もちろん日が迫ると慌てることになり「全部積んでいく」ということで、ゴミまで移動することもしばしば。

それでも定期的に引越がある現実を受け入れ、持ち物の仕分け(つい使ってしまいますね、この言葉)をするチャンスと思うといいかもしれません。私、最近さらに楽天的です。普段の生活がシンプルになっていれば、引越時もシンプルなのではと考えるこの頃。次の引越をイメージしながら、パッキングをするといいかもしれません。

引越、好きでも嫌いでもないけれど、どうせするなら多少は楽しんで、と思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


毎年2月が短いことは決まっています。3日間の長さを実感するのが、2月28日。今日で2月も終わり。

2月は【誕生日月間】と称して、自分の中ではテンションが上がっています。寒いのに上げていますので、少々疲れもたまります。楽しかった2月を終えて、3月に突入。人との出会いや一時の別れがある時期ですから、丁寧に過ごしていきたいと思います。

3月はコンサートも色々あります。きりがありませんが、時間を作り、多少の身なりを整えて人の集まるところに出かける緊張感は大切です。まあ、好きなだけですけど…(笑)。寒くて暗い冬にこんなに色々楽しめて、夏になったらどうなるのだろう、などと余計なことを考えつつの月末です。夏時間まであと4週間弱です。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!