本日11月1日は紅の日です。最近、自分が淹れる紅、気に入っています。自画自賛。寒い季節に入り、ますます紅が美味しい。買い置きのお菓子をお供に、丁寧に紅を淹れ飲み続ける1日を過ごしたいと思います。

昨日は、冬時間最初の日、日の入り時間を気にしつつ外出から戻り、「焼き栗」をしました。当地の栗は、焼くといいようで。栗専用のナイフもあり、それで少し傷をつけてオーブンへ。簡単です。栗を焼きながら紅を淹れました。静岡産の紅です。淹れながら、ストックしていたジンジャーの砂糖漬けをつまみました。紅茶を飲むとジンジャーティーのようになってしまいました…。それもまたよしです。

今日は、手元にあるバターたっぷりのショートブレッドをお茶菓子に午後のひと時を過ごしたいと思います。3連休最終日です。

私の好みはダージリンが基本ですが、やぶきたから作った日本の紅茶もまた楽しい。この日を境に、また紅茶生活を見直して楽しんでいきたいと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

もっと寒くなる土地はあると思いますが、ヨーロッパに位置するこの国でも冬支度の季節になりました。3連休はそのいいチャンスのようで、道を行くと、車から脚立を取り出す人を何人も見かけました。枝を落としたり、家のことを色々するのだと思います。ここできちんとしておかなければ、3、4月までの寒い時期を快適に過ごせません。

我が家も遅ればせながら冬タイヤの交換を済ませました。予約時間に合わせて朝出かけ、待っている間にカフェで一服。スムーズに交換を終え、道すがらその他雑用を済ませました。自宅で夕食をしてからコンサートへ。夏時間最後の土曜日です。

ブダペスト祝祭管弦楽団BFZのブダペストでの定期演奏会は、テーマ「ロシア」。チャイコフスキーから始まり、ラフマニノフ、ショスタコビッチ。重厚な華やかな演目が続きました。少々ヘビーでした。贅沢です…。

ロシアからの指揮者、イギリスからのピアニスト。ご両人とも私の好きなタイプの演奏家で、舞台上も楽しめました。

「ああ冬だ~」と思うコンサートとなりました。冬は冬の楽しみがあります。また会場に通いたいと思います。

*****
Piotr Tchaikovsky: Romeo and Juliet --- Fantasy-Overture
Sergei Rachmaninov: Rhapsody on a Theme of Paganini, op.43
*
Dmitry Shostakovich: Symphony No.15 in A Major, Op.141

solist: Stephen Houch (piano)
conductor: Mikhail Pletnev
(BBNH20101030)
*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

しばらくお茶会らしいことをしていませんでしたが、久しぶりに先日、自宅で友人とお茶をご一緒しました。その時に淹れたお茶の記録を。

★水出し冷 佐賀・嬉野(玉緑) 
ワイングラス(リーデル)使用
★紅茶 静岡・三島産 夏摘み
★紅茶 ダージリン(Higgins:FTGFOP)

書いておかないと忘れてしまいます。

ところで、お茶会の組み立てをすると、どうしても欲しくなる茶種は「釜炒り茶」。温かいのはもちろん、冷茶でも美味しいので必需品です。手元に在庫が切れているので、近々ぜひ入手したいと思います。そして品種茶各種ももう一度手元の在庫をチェックして。お茶を色々楽しむには、人を呼ぶのがいいとおっしゃっていた、日本茶インストラクターの大先輩の言葉を思い出しました。冬に向けてぜひ、また。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

当地のオーケストラ「ブダペスト祝祭管弦楽団(BFZ)」で企画されている音楽イベント、○○マラソン。今シーズンは、2011年2月20日(日)に「シューベルト・マラソン」が予定されています。10月末にオーケストラからチケット発売の連絡を頂戴しました。人気のイベント、2つのホールで交互に約50分のコンサートが行われます。昨年はベートーベン・マラソン。私はフル・マラソン(=全コンサート)完走しました。確か朝10時半から夜最終10時だった記憶が…。意識朦朧(?)として。

シューベルトを聞く機会があまりなかったことに気づいたこの夏。フルは聴かないかもしれませんが、ハーフ・マラソン位はと思っています。2月の同時期、未定の予定があるのでもう少し調整して。先のコンサートも日程を決めてしまえばいいだけです。少し検討して、早めにチケット手配しようと思います。お好きな方、よろしければ会場でお会いしましょう。

ブダペスト・フェスティバル・オーケストラHP→こちら
*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

バルトーク記念館にてコンサートです。演目は「連弾」。久しぶりです。

シーズンごとに何となくテーマを決めてコンサートに通っています。当地に来たばかりの時は、あえて「ハンガリーもの」と決めて頑張って通っていました。最初、正直つらいこともあったのですが、段々現代曲も楽しくなりました。そして連弾も随分通った時期がありました。

最近はどうでしょうか。「知らない曲に行く」というのもテーマです。そしてブラームス。

今回は、ショパン、リスト、シューマンの連弾曲です。ピアニストの解説では「有名な曲ではありませんが~」と一言付け加えられますが、どれも素敵な曲。ピアノは通常2本の腕で弾きますが、彼ら作曲家はがさらに4本用の曲を作るのですからすごいのです。鍵盤が見える席を選び、「曲芸」のような手さばきに酔います。

この演奏の二人、以前聴いたことがあったと思います。連弾に通っていた時期に、きっと。10年ぶりくらいにまた素晴らしい演奏が聴けて本当によかった。コンサートも通いつめると別の楽しみも増えると実感です。また通います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

1週間ほど、駆け足でしたが東京に戻り、昨日自宅に到着しました。この間ブログ更新は予約投稿中心とさせていただいていました。いつものとおり、ご報告後先で失礼します。投宿先ホテルのパソコンをアテにしていたのですが、閲覧用でなぜかブログにアクセスできず、思ったような更新ができませんでした。これから遡り更新いたしますので、またおつきあいお願いいたします。

駐在3年が過ぎ、いろいろと広い意味での「雑用」がたまってきたこともあり、用事を済ませるための滞在でした。移動日もあり、平日は実質3日間。なぜこの時期にしたかというと、日本の連休の並びと、自分の当地での予定との折り合いをつけたためです。1週間早ければ「お茶まつり」でしたが、そこは仕方ありません。

11月上旬に出ました、戻ってもまだ中旬。時差は8時間。早くまた元のペースに戻し、年末に突入したいと思います。時差を戻すには水分補給がポイントです。水を中心に、お茶も取り入れて。ほうじ茶が美味しい季節、冬のお茶生活、欧州でも楽しもうと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

伊藤園のメルマガを受信しています。毎号すべて目を通すのは間に合っていませんが、先日見出しから気になり記事を読み進めると、銀座でカフェがオープンしたということでした。営業時間を見ると、あの界隈の私が行けそうなカフェにしてはとても遅くまでやっているようで。一時帰国の時は時差もあるので夕食は軽くていいけれど、入る店の選択に困ります。ぜひ立ち寄りたいと思っていました。

デンマーク・ザ・ロイヤルカフェこちら

銀座三越の本館と新館の間の通路に面していることもあり、東京では珍しいオープンカフェになっています。暖かいうちはしばらく外も楽しめそう。私は中の窓側に席をいただき、店ご自慢の前菜と、フルポーションのスープで軽めの夕食としました。マイペースの食事にいい店をみつけました。明るい空間、いつかデンマークの店舗にも行けたらいいなと思いながら過ごしました。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

参加しておりますブログランキング【にほんブログ村】のカテゴリーが変更になっているようです。日本から戻ると様子が少し違うことに気づきました。待望(?)の【日本茶】ができて、当ブログもそちらに振り分けられたようです。プロフィールなどで判断していただいたようです。気づいたのが遅いだけかもしれませんが、きっと最近のこと???

それに伴いバナーも変更しました。【日本茶】ランキングに飛ぶと、日々の日本茶情報も一目瞭然で、使い勝手がよくなるようです。日本茶のお仲間ブログがランクインされていて、記事タイトルを見るだけでも楽しい(もちろん訪問もさせていただきます!)。旧【お茶・紅】のカテゴリーは現在【ハーブティー・紅茶】になっています。従来のランキングへアクセスする場合は右側リンク内にバナーを残しておりますので、そちらから。

欧州生活の色々を含む当ブログ。話題が飛びすぎで、果たしてこのブログが【日本茶】カテゴリーであるか、少々怪しいのですが、これからさらに意識して、日本茶を楽しむブログ記事をアップしていきたいと思います。また変らずどうぞよろしくお願いいたします!

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

丸1週間の日本滞在で、今、時差ボケが2セット来ています(苦笑)。1日6時間X2回眠いです。そして疲労がどっと出ています。あと1日で完全に治したい、気合を入れているところです。その理由は…。

一時帰国では両方の両親への挨拶や、自分のメンテナンス(病院・美容院関係)、買出し(乾物やら薬やら)があります。出かける前にスケジュールを一通り決めて、端から片付けます。今回晴天に恵まれ、順調に予定をこなせました。おかげで後半に予定していた日本茶カフェに行くことができました。人気ブログ「マニアなお茶時間」(byゆうさん)の記事(→こちら)でご紹介いただいていた、馬喰町の「回季」さんです。和菓子が素敵ということで、ランチタイムでしたが食事は我慢して「お茶とお菓子」を頂戴することにしました。このところ東京の投宿先は日本橋です。JR総武快速線・新日本橋駅からは、何と1駅。私にとって驚きの便利さでした。

房+garelly【回季】さんHP→こちら

カウンターに席をいただき、短い時間の滞在でしたが、急須を手に取りながらホッと一息つけました。今回の日本滞在で唯一頭を空っぽにできた時間でした。季節の栗を使った和菓子に、萎凋した香り高いお茶。以前一度だけ自分で萎凋してお茶を作ったことがありました。その時の光景を目に浮かべながら一服頂戴しました。私にとってお茶は嗅覚味覚以外に視覚も刺激してくれる飲み物になっています。そのことを再確認できたお茶時間でした。

ご馳走様でした!駅からとても近いことがわかりました。レトロなビルもとても素敵です。また伺いたいと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

本来はもう少し早くアップするつもりだったのですが、今になりました。10月中の話を。前回の駐在中も含めて、もう何度も当地に遊びに来てくれている友人がいます。昨年の秋に引続き、今年も出張帰りの休暇で1泊だけ足を延ばしてくれました。ハブ空港がある国・街でもなく、通りがかる場所ではないのに来てくれるのは、本当に嬉しい♪

プライベートでのワインタイムです。飲みっぷりのいい友人と行くワインハウスは楽しいです。最近、めっきり酒量が減った私。翌朝のランニングが、夜のアルコールがないほうがスムーズだということがわかって以来、日常的にはあまり飲まなくなりました(それまで随分飲んでいたみたいですが、そんなことは…)。その代わり友人との時間ではメリハリつけて楽しみたいと思います。

今回は、当地ゆかりのスパークリングワインから始まり、赤ワインを少々。友人はマイペースで、私に気兼ねなく勝手知ったるハンガリーワインを数種類しっかり飲んでくれたので、それもよかったです。これから少し食事会の機会が続く季節です。楽しいお酒の時間をと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

国内演奏家の演奏会が目白押し、とても外国からの演奏家のコンサートまでまわらないのが現実です。言い訳は「日本でも聴けるかも」です。今回は、当地で音楽好きの親しい奥様からの情報で、私にしては早くからチケットを手配することができました。友人と共にこの日を待ちわびました。シューマン・ショパンイヤーでピアノソロコンサートです。

ロシアのピアニスト、キーシン。会場はもちろん満席で、独特の雰囲気の中スタートです。感想はあえて言葉で表現するのはやめます。会場全体が「ピアノ」の楽器のようで、ホールの素晴らしさも再認識できました。「日本で聴けるかも」の考えを改めようと思います。それはそれ、これはこれです。

1日は24時間。自分でピアノを演奏することは随分前にやめたのですが、こういうコンサート鑑賞をするとその選択が本当に正しかったと思います。ライブでの音楽鑑賞に特に時間を取るようになって15年ほどになります。今日のコンサートは鑑賞生活の新たなスタートになるような気がしました。

アンコールも30分ほど、たっぷりショパンを聴いたので目の前には一度だけ行ったことのあるポーランドの景色が浮かんでいます。しばらくこの時間を楽しみたいと思います。

(BBNH20101117)
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

二夜連続、芸術宮殿でのコンサートに行きました。この秋のハイライト、11月中旬~月末までコンサート鑑賞が続き至福の時間です。今回のテーマは「ポーランドの夕べ」。前日から気分はポーランドです。

ショパン・ピアノコンチェルトのピアニストは、シーズン当初の予定から変更でAndrei KOROBEINIKOV です。オーケストラからの変更案内に伴い、オケHP経由で確認したところ、どこかで見たお顔でした。そう、今年5月東京・有楽町の音楽イベント、ラ・フォル・ジュルネでラジオ収録のゲストとして登場した演奏家でした。(私、公開番組のその場にいました。)その時はコンサートのチケットはほぼ完売で、最初からライブでの鑑賞は諦めていました。同ピアニストの録音をチラッと聴いただけです。ここでこんなすぐに鑑賞のチャンスが訪れるとは。楽しみに出かけました。

指揮者がポーランドの大御所で、独特の解釈で演奏が進みます。絶妙なテンポ。その中、コンチェルトは段々盛り上がりを見せて、若手ピアニストのフレッシュさと底力を感じとても楽しめました。3夜連続同一プログラムですが、今回ほど「3回とも聴きたい」と思ったことはありません。次の機会も楽しみにしたいと思います。

A Polish Evening
Stranislaw Moniuszko:
Bajka (Fairy Tale) --overture phantasy
Frederic Chopin: Piano Concerto No.1 in E minor, Op.11
**
Karol Szymanowski:
Symphony No.2 in B Flat Major, Op.19

solist: Andrei Korobeinikov
conductor: Antoni Wit

(BBNH20101118)
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

金曜日の朝、成田に着き、翌週金曜日の午前中に成田をたつという日程で、丸1週間東京で過ごしました。途中新幹線で東海地方を日帰りした以外は、東京中心部と、1日半ほどは都下の実家の方にいました。自宅に戻って丁度1週間ですが、今ゆり戻しが来ています。今回ばかりは「私」も忙しかった。

地元ですし、日本ですし、効率よく動けばいくらでも用事が済むのが東京です。実感としてはいつもの3倍動いたので、こちらに戻って2週間くらいは休みが必要な気がします。これでは元も子もありませんが。そして現在いるのは勝手知ったるとは言え、外国。実は生活するのにとてもエネルギーが必要なのだと気づきました。疲れている場合ではないのです…。

東京では地下鉄の人の動きについていくことからしてとても忙しい。身体をいたわるために、あまりカフェインをとらず、コーヒーも飲まずに水ばかり補給していました。それはそれでいいのですが、「リラックスする」という点を忘れていた気がします。もしかしたら身体に負担かけるかもしれないけど、ほっとする時間は必要だったと反省しています。往復飛行機もワインを飲まず、東京でも滞在中ビールを1杯飲んだだけ(久しぶりのスーパードライ!with中華)。「ストイック」はその時はいいかもしれないのですが、少し寂しい。美味しい日本酒を楽しむくらいの時間の余裕を持つことが大切だったと思います。

気分的にも肉体的にも疲れをためて戻ってきてしまったので、煎のカフェインもきつく感じています。本末転倒です。少しずつ番ほうじでリハビリして、また煎生活に戻したいと思っています。煎を普通に飲める健康状態というのが大切と思います。意外と体調のバロメータと言えるかもしれません。

忙しい毎日に加えて季節の変わり目です。ほっとするお茶時間をぜひ。煎茶を飲んでみて強く感じるようなら、もしかしたら疲れがたまっているのかも。カフェインの少ない番茶ほうじ茶で気分をリラックス、少し休んでみてはいかがでしょう。東京の地下鉄は異常に気温が高くて、とても汗をかきました。上着を着たり脱いだりが忙しかったです。水分補給だけでなく、ストレスを解消しながら、本格的な冬をお迎えください。師走前にバテないように!

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

いつも通りがかっているのに入ったことのないカフェに行ってきました。当地の友人と久しぶりの再会です。お互いマイペースで元気で過ごしていたようですが、本当にご無沙汰してしまっていました。こういう約束の日には、お決まりで雨が降り、苦笑。約束の時間には雨は上がっていましたが。

カフェの中に入るととても広い空間で驚きました。天井が高いのは気持ちいい。夏は観光客で一杯のイメージでしたから、秋冬はチャンスかもしれません。ひとりでも立ち寄ってみたいと思いました。気に入った店は続けて3回行くのが私流(笑)。

気の置けない女友達と過ごす時間はとても貴重です。生活の中でとても大切にすべき時間だと改めて感じました。日本に一時帰国する前後は頭の中が「スケジュール」で一杯で、とても余裕がなく、友人に声をかけるのさえためらわれました。日本では時間がなかったので友人にも会えず。でも、これではいけないと思います。「おひとり様」行動は一見行動的に見えますが、段々範囲が狭まる危険性もある気がします。昼間の短い冬だからこそ、友人と楽しい時間を過ごせたらと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

空気が乾燥していますね。朝起きて、コーヒーを淹れるよりはすっきり紅を飲みたい気分です。今朝はダージリンをしっかり淹れてみました。美味!

冬時間に入り、まだまだ気温は下がりませんが確実に季節が冬に移り変わっています。クリスマス前、11月は静かに過ごすのがいいようで。週末は、裏山でトレイルラン、そしてまた別に少し長めの距離のRUNを楽しみました。トレイルランの翌日に通常の路面を走るのが好きです。身体が軽く感じます。その分怪我しないよう加減しながら走ります。そして日曜日夕方早めの時間のコンサートがあり、急でしたが鑑賞することに。室内楽を聴きました。

この週はロマンチックな楽曲のコンサートが続き、気持ちがとても高ぶっていました。週末にバッハ・ハイドン・ベートーベンを聴くと、妙に気持ちが落ち着きます。α波を感じるコンサート、やはりクラッシックはいいなと感じます。少し中和して、また好きなロマン派を聴きたいと思っているところです。

11月は穏やかに、でも元気に過ごしたいと思います。ワインも少々再開。今年のボジョレーと、当地の白ワインを楽しみました。静かな週末もいいものです。様々なリセットの足がかりとなった気がしました。少しずつ師走に向かいたいと思います。

*****
Vasarnapi Kamarazene
Bach: g-moll gambaszonata, BWV 1029
Haydn: B-dur (Napfelkelte) vonosnegyes, Op.76.No.4.Hob.III:78
Beethoven: B-dur (Erzherzog) zongoratrio, Op.97
(BFZ szekhaz20101121)

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

欧州暮らしは8年ほどになりました。これまで何度か11月を過ごしましたが、1番難しい月ではと思います。誰からということもなく、最初からそう言われていたからかもしれませんが。「11月はキツイわよ…」。

日本では少し違う感覚ではと思います。祝日も2回あり、食べ物も美味しい季節、行楽シーズン。当地も食べ物は美味しいのですが、寒い冬へ向かう前の静けさも感じます。そのうち大イベントのクリスマス、年度末を迎えるためにスイッチが入ります。チャリティー、クリスマスマーケット、それに伴うバザー…。コンサートも、「クリスマス」プログラム前の本格的なプログラムが続きます。

11月末になると、日本でいうお中元お歳暮をまとめたような機会、クリスマスのプレゼントの用意があり、カード書きも。人も集まる季節です。その前にポッカリあく時間が11月の数週間。私も幼少の頃から比較的、欧州カレンダー的に生活してきた方ですが、住んでみてこちらのペースがようやく身に着いた気がします。「あせらず、力を蓄えるべく、休む」を心して過ごします。次に起こることが想像できると、腰をすえて休める気がします。

冬時間に変り、日没が毎日早まります。早めに動いて早めに帰る、と思っていると出そびれます。それでペースが狂うのがこの季節。ここ数日は「出ない!」と決めてノンビリ何もせず休みました。これも11月を理由にするからできること?です。今日から気を取り直して、目の前の予定を実行していこうと思っています。人に会うことも増える季節。日本語も含めて、言葉の発音練習をしておかなければと思ったり。人前で社交的な話をするにもスイッチを入れる必要があります。ハンガリー語英語を使う機会も増えますので、その辺も準備していきたいと思います。「お茶で一服」が絶大な効果になる季節に向けて。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

食に関する情報は様々で、ファッションのように美しい記事を見ることが増えました。先日「ダンチュウ」の20周年記念の特集を読みました。丁度私が社会人になったのと、この雑誌の創刊が重なります。自分で働いて自分の食に投資(授業料?)してきた日々と重なります。ですので、いい意味で珍しい感じもせず読み進めました。この間、国内外で、食に関心を持ち続けてきたことを再確認。少し気恥ずかしいくらいです。

dancyu (ダンチュウ) 2010年 12月号 [雑誌]dancyu (ダンチュウ) 2010年 12月号 [雑誌]
(2010/11/06)
不明

商品詳細を見る


読んでいてその時々に何を考え、選んで自分も試してきたかが蘇ります。「何を食べるか」は生き方であると感じます。もちろん日々そんなに立派なことをしている訳ではないのですが。どんなに素晴らしいものでも、2つあったら迷わずこちらを選ぶ、という選択が瞬時にできるようになってきた実感はあります。

お茶生活に入り、どっぷりとあっさりの繰り返しですが、波はあってもお茶はいいものだと感じ入っています。自分との距離、人との距離、考えるのにとてもいい食材でもあります。1年を振り返り、今年のお茶との付き合いをもう一度考えてみたいと思います。来年(度)はきっと途中で日本に戻ることになるでしょう(根拠なし。まったく未定ですけど;)。その変化の年は、自分も変わる年。できれば1段ステップアップしたい。

社会人になり20年と少し、新しい家族生活を始めて15年目、お茶生活8年目、自分のスタイルが少しできてきたところで、大きな岐路に立っている気さえしています。丁度年末。色々と整理するいい機会です。お茶のことを考え、お茶を飲み、これからのお茶との付き合いを思い描きながら、12月を過ごしたいと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

朝起きて、静岡・三島産の煎を一服。キッチンの窓から隣家の屋根にうっすら霜がおりているのが見えます。皆が言うように、今週末寒くなるのでしょうか…。

今週、我が家アパートの門扉から建物の間に滑り止めがしかれました。入り口に雪かき用の大きいスコップもスタンバイ。いつ降ってもいいように、ということなのでしょう。やる気満々です。いつも11月に一度雪が降りますが、今年はまだ。Xデーは今週末という話です。

私のほうはこういう「噂」があったので、今シーズン最後かもしれないと、ドナウ川までの日々のランニングをしました。ラスト・ラン?という気持ちで。一度雪が降ると、雪解けが凍り、日陰などはずっと残ることがあります。外で走るのが危険なので、室内RUNに切り替えなければなりません。これも冬支度。今年3月以来、ジムは行っていません。もう一度様子を見に行って準備しなくては。

街を歩くとカフェや店舗は本気の暖房モード、冬の匂いがします。クリスマス前1ヶ月になりました。早めはやめの行動で、師走を駆け抜けたいと思っているところです。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

夕方別の用事で出かけてそのままコンサートへ。出かけに雪が舞い始めました。傘持参、ブーツで出かけたら大正解。途中の移動の時には横殴りの雪になっていました。出かけている最中に雪、というのは逃れようもありません。少しワクワクしながら王宮を歩きバスで次の会場へ。

この日のコンサートは明るい演目が続きました。これなら「月曜日から頑張ろう!」という気になるね、と話しながらの日曜日夜。会場のイタリア・インスティテュートはフラットなホール(体育館みたい)です。音は直接耳に入るようで、迫力あるストレートな演奏を楽しみました。

冬だからこそ、予定を入れてまずは出かけるのがいいようです。自宅で雪を眺めるより、雪の中を歩きたい。冬にコンサートが多いヨーロッパの生活の知恵を感じる夜でした。

BEETHOVEN:2. Leonora-nyitany, op.72/b
WEBER: F-dur fagottverseny, op.75
SCHUMANN: 4., d-moll szimfonia, op.120

Budapesti Fesztivalzenekar
Duffek Mihaly (fagott)
Louis Langree (vezenyel)

(20101128 Olasz Intezet)

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

一度目の雪はすぐとけましたが、昨日夕方からの雪で、今朝は雪かきが必要になりました。週末雪の予報が当たり、私にとっては初雪。雪景色の週末でした。

雪が降ったからと予定を変更していては冬は越せません。少し早めに行動しつつ、土日は色々動きました。かえって冬の方が自衛的に予定を入れることが多いかもしれません。昨晩はつい遅くまで出ていて、月曜朝なのに朝寝坊気味。まずは雪かきです。

水分を含んだ雪はとても重くて、優雅な雪かきはまだまだできません。これがしっかりとけて流れてくれないと、凍結転倒の恐れがあります。最初が肝心。

朝一番に動いたので、これからコーヒータイムです。果物とクッキーでエネルギー補給。以前から雪の日に外に出るのが好きです。雪かきも実は好き。冬を楽しみたいと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

偶然が重なり、このところ4夜連続コンサートに行きました。11月は後半、音楽鑑賞の機会が続き至福の時間。ライブの音楽を聴くのは本当に楽しい。記録は余韻を楽しみつつ遡って記します。

うち半分は公になっていないプライベートの会でした。音楽を通して様々な分野の交流を深めることはとても素晴らしい。当地ならではの機会でした。1つはホテル内でのコンサート。将来の音楽家の卵を見守り応援する気運を高めるような会でした。この中でまたご縁があって将来演奏会を聴かせていただくこともあるかもしれません。きっとその日はそんなに遠くない将来。

日曜日のBFZのコンサートでは20代の若手ファゴット奏者の初々しく力強い演奏を聴きました。各年代ごとに演奏家は様々な顔を見せてくれるということを知ったのが、1998年以来ハンガリーで音楽会に通って得たことです。生活の一部になった演奏会通い。日本にいても細く長く続けることは可能です。また今後の10年が楽しみになる4夜のコンサートでした。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!