上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末から急に涼しく~寒くなってきました。何だか人恋しい気もしますが、夏の総決算をしてスッキリして友人との時間を楽しみたいと思う9月始めの日を過ごしています。

総決算には日焼けをした肌をどうにか、ということも含まれていますが急に汗腺が縮まったみたいです。気分的に、フェイシャルは暑い時期に一度行くべきだったと少々後悔。そして自宅にいるにも、外に出るにも気温がこうも低いと、服装が困ります。総決算=衣替えです。

つい数週間前までは「暑い!」と言い、避暑に行っていたくらいですが、人は贅沢にできているなと思います。(※避暑地は思ったより寒くて、「寒い!」と言っていた…)暑かった時のことをすっかり忘れ「寒い!」と、次に暖かくなる日を心待ちにしたり。早く切り替えて、秋と寒い季節を楽しむスタートを上手く切りたいと思います。当地では、秋は短いのです。

週末のハーフマラソン大会事務局からのメールでは、当日気温は20~22度らしいです。くもり、雨ももしかしたらという天候。涼しいモードでもう一度身体を動かして、怪我なく走ることを優先に準備したいと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!
スポンサーサイト
飲むだけでなく自分の周りに何となくお茶製品があります。何となく集ってきています。先日、このところ気に入っている「海藻」シャンプーが品切れで、その代わり同じシリーズの中から「TEA」を選んでみました。ミントティーのような洗い上がりです。お茶そのものの香りがするわけではありませんが、すっきりして、イヤな感じはありません。何が何でも積極的にお茶で周囲を固めることはしませんが、気になったら使うという感じになっています。

ロクシタン(L'OCCITANE)のシャワージェルは、手洗い用に愛用しています。永くお世話になっている東京・広尾の美容院でずっと使っていて、私も随分前から真似しています。ボトルを置いているだけで美しく色もきれいなので、気に入っています。なくなったら次を買う、定番です。そして同じロクシタンの「お香」も使用中です。以前友人からのプレゼントで、バスルームに焚いたりしています。同じグリーンティーでも、香炉とはまた違う香り、いいものです。

グリーンティーシャワージェル250ml[ロクシタン][L'OCCITANE]グリーンティーシャワージェル250ml[ロクシタン][L'OCCITANE]
()
[ロクシタン] [L'OCCITANE]

商品詳細を見る


お宅でご愛用の定番のお茶製品、ありますか? お茶製品には色々あり、例えば紙製品はちょっとした手紙に使うと素敵です。見かけたら試しにどうぞ。その中で何となく定番になるものが出てくるのではと思います。私ももう少し工夫して使いたいと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

日本のクラッシックファンの間でも有名とききます、ハンガリーの「マジャール・ラジオMR3=バルトークラジオ」、クラッシック専門放送です。ラジオ局のスタジオやホールでコンサートが開催されます。9月は8回のコンサートが予定されています。平日~土日、時間帯も色々、お値段は無料のものから10+αユーロ相当くらいまででチケットが必要となります。

詳しくはプログラム→こちら

夏時間のコンサートでは、コンサートに行く時間も帰る時間も外が明るい、というのが何より贅沢と思います。最近めっきり日が短くなりました。この日のコンサートは18時始まり。夏の夜長を楽しむコンサートと思い、出かけました。

プログラムは、今年没後50年を迎える作曲家、Weiner とDohnanyiを記念する内容です。もちろん今年はショパン、シューマン生誕200年、ハンガリーの作曲家エルケルも生誕200年。ハンガリーではコンサート忙しいです。2010年末に向け、スパートをかけていこうと思います。

仮に「どんな曲が好きですか」と尋ねられたら、「今日のコンサートみたいなのが好きです」と答えてしまいそうな、恥ずかしいくらい私にピッタリの選曲でした。シーズン最初に素敵な夜を過ごせました。

*****
Abraham Marta, hegedu
Barsony Peter, bracsa
Rohmann Ditta, gordonka
Nagy Peter, zongora
**
Weiner: g-moll trio Op.6.
Dohnanyi: Szerenad Op.10.
Mahler: Zongoranegyes
Brahms: c-moll zongoranegyes

(MRMT20100902)

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

午前中に1時間ほどのいつものジョギングをする予定が、雨。温かい格好でウォーキングに出かけることにしました。私は傘派、でもこちらでは適度に雨が降っていても傘なしの人も多いです。「もしかしてこのくらいの雨なら、皆走るのかしら」と思いましたが、2時間ぬれて走るのは…。明日雨なら、と決断に迷います。さすがに大会前日、道中、雨の中練習する人の姿は見ませんでした…。

1年ぶりのハーフマラソンです。この春はウィーンのハーフにエントリーはしていたのですが、急に日本に一時帰国する必要ができて断念しました。春から日本でウォーキング中心に身体を動かし、6月当地に戻ってからは順調に走っています。これまでは気ままな「一応」ランナー、この6月以降は本当に走っています。走ることで起きる様々な変化が新鮮です。あと少しで走行地面が凍る季節になります。大会に出ることより、楽しく走ることを優先に、明日出走です。

実は涼しくなってきてから少々気分が盛り上がりません(※昨日から暖房が入りました)。走り始めれば全く問題ないことがわかるのですが。暑いのは困るけど、寒さに身体が慣れていません。長い冬の間、私はどうやって走るのだろうと思います。この冬のRUN生活を無事過ごせたら、本当のランナーになれそうです。この日はウォーキングのゴールはドナウ川近くのカフェです。いつもなら外の席に人が一杯ですが、今日は中が一杯。すぐ店を出るので、外のテラス席でモーニングセットを頂きました。明日の晴天を祈りつつ、カフェで一服しました。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

前日までの心配をよそに、ハーフマラソン当日は晴天、とてもマラソン日和でした。
無事ゴールしました。
メール等でご声援いただき、ありがとうございました! 
総括はのちほど、次の記事で。
取り急ぎご報告いたします。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

昨日9月5日はブダペストのハーフマラソン大会でした。約8000人規模の大会です。日本人(ハーフマラソン個人の部)は日本や近隣他国からの参加も含め10人走ったようです。ネットで検索すると全ての出場データがわかります…記録も(汗)。

昨年も、自分で公式記録をチェックする前に友人から連絡があったりして「オープン」な感じです。完走を目指した昨年より10分ほど早く走ることもでき、自分としては大満足でした。お天気もとてもよくて、「もう少し走ってもいい!」と感じるゴールでした。いつも走るドナウ川沿いの道は限定されていますが、大会では車道を通行止めにして走るところも多く、とても気持ちよい21キロでした。

何となく自分の中で「節目」にしていたこの大会出場です。静岡在住時、5キロ走出場からスタートして、ハーフマラソンは3回目。そのうち、今回はきちんとrunを日課にして臨みました。暑い夏の時期、私にしてはよく続いた気がします。そして走ることで街の様子はもちろん、物事の見方が少しずつ変わっていくような実感を持てて、今、とても新鮮な気持ちで生活できています。走れる幸せをかみ締めつつ、楽しい1日となりました。

あと年内に大会は2回あります(※自宅近所での開催に限れば)。出場はまだ距離等決めていませんが、少なくともあと2ヶ月くらいは外を走れるということです。次の段階に少しでも上がれるよう、秋冬も楽しく走りたいと思います。
*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

***御礼***
<ブログ村>ランキング、お陰様でじわじわ上位にランクインしてきました。アクセス、応援ありがとうございます!【お茶ブログ】としてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。[1日1回<お茶紅茶バナー>をクリックでポイントが入ります]
             
               ~~~~~
お茶ブログ】でハーフマラソン記事が続いておりますが、ようやくここでお茶のことを。取ってつけたようで恐縮です。毎日の生活の中で、自然に何を飲みたくなるか書くのもこのブログです…。

ハーフマラソン大会朝は何を食べるかというのは課題です。手元のランナー専用雑誌にはフルマラソンでのことは書いてありますが、ハーフについてはあまり見かけません。つまり「適当にどうぞ」ということなのでしょうが、それでも何を食べて走ろうかと考えるのは当然のことです。「いつものとおり」が難しい。

一応、数日前からパスタ、炭水化物系の食事にしてみたりで気分を高めます。当日は朝起きて「水→バナナ→おにぎり(小)2個→粉末緑茶」ということにしてみました。スタート地点が自宅に近いので、スタート2時間前に食事をしました。

粉末緑茶については、当日の朝思いつきました。いつもは煎茶にプラスしてコーヒー飲んだり、紅茶を飲んだりしているのですが、実は前の晩、遠足前の子供のようで眠れませんでした(お恥ずかしい!)。恐らく2時間睡眠ではと思います。夕食時リラックスするために飲んだ紅茶が効きすぎたようです(※量が多かった)。それで朝からカフェインでフラフラしてしまってはと思い、選んだのが緑茶でした。すっきりしていますが、カフェインが急激に効きすぎることもないと思ったからです。

粉末で、量はこころもち多めに淹れてみました。お茶があって助かりました。粉末緑茶にしたのは美味しさはもちろんですが、慌てて急須をどうにかしないようにということで。「ゆったり一服」というシチュエーションには程遠い、緊張の中の一服でした。

幸いゴールまで適度な空腹をキープできました。昨年より日差しが柔らかで、気温も低め(=丁度いい)だったのがよかったです。いつものジョギングでもしっかり食べて走る私です。もう少し長い距離を走るとしたら、といううれしい心配をこれからしていくことになりそうです。お茶とランニングとの相性も、自分の中で様子をみていきたいと思います。

<追記>
お茶(カフェイン)には利尿作用があります。レース前に飲むとそちらに問題があるかもしれません。今回は「いつものとおり」ということで、普段取り入れていた2時間ほどのRUNで事前に練習していて大丈夫でしたが、個人差はあると思います。通常の「水分」が当日朝は一番いいと思いました。コメントでもアドバイスいただきました。今後の長い距離に向け、水分補給、いろいろ試してみたいと思います。


*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

「このまま寒くなるのかしら」。朝起きての感想です。まだ9月一桁ですが、今年は季節が早い。

喉が痛くて、休養の必要性を感じます。朝から紅をたっぷり。ランチタイムはジンジャークッキーをつまみます。このところ毎日走れていましたが、2日連続朝雨。いよいよ体調管理の勝負の季節です。暑い季節からの切り替えが重要です。

日本でも欧州でも、夏の疲れがたまっているはずです。どうぞお大事に。私もあまりギリギリの予定をたてず、早めの行動で休息をしっかりとりたいものです。コンサートや約束にも早めに行って、あまり慌てない生活を。大会が終わったからという訳ではありませんが、次の目標をつくって生活をしていきたいと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

9月から始まる2010-2011年プログラム、ブダペスト芸術宮殿のクラッシックコンサートは、ハンブルグのラジオ交響楽団(NDR)でスタートです。鑑賞してきました。いつも9月最初はマーラーフェスティバル、今回のゲストオーケストラです。

こちらのオーケストラ、ハンガリー語でのプログラムでは「ハンブルグ」とありましたが、略称NDRを見て「和名:北ドイツ放送交響楽団」では、と思い確認しました。その通りで、慌てて残り僅かのチケットを入手しました。一度聴いてみたいオーケストラだったのです。

今から随分前になりますが、恐らく10年ほど前の最初の駐在時、日本への一時帰国の際、オーケストラの団員の方々に囲まれたフライトになったことがありました。一時帰国にはルフトハンザを使っています。隣の席の方がオーケストラの事務局の方で、日本ツアーに出かけるということを聞きました。当然ながら数十人のメンバーで大移動、皆音楽家で、私も飛行機には何度も乗っていますが、独特の客室の雰囲気があったことを今も思い出します。そしてそのオーケストラが日本にツアーで行く時に、いずれぜひ聴いてみたいと頭にはインプットしてあったのです。これまでそのご縁はありませんでした。

まさかここブダペストで叶うとは思いませんでした。プログラムも現代曲(ハンガリー初演)からモーツアルト、マーラーの交響曲、ソリストはクラリネットとソプラノ。華やかでした。

最近10年越しにご縁が戻るような体験が多い気がします。バラバラだったパズルのピースが集るかのように。シーズン始めにとても素敵な夜を過ごしました。

(演目等後日)

(BBNH20100909)
*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


当地で所属します、インターナショナルウィメンズクラブ(IWC)の年度は9月始まり。今月27日(月)が初回の日です。コンサートもシーズン始まりですが、その他新しい出会いもある季節になりました。夏から秋になるのは少し寂しいけれど、この季節ならではの楽しみもあります。スイッチを入れていきたいと思います。

新しい出会い、「はじめまして」の時に名刺をお渡しすることもあります。カードにしておいた方が便利だったりもするので以前から手づくりで用意しています。そして「日本茶インストラクター」の文字も入れています。もし先方にご興味があれば、何かの機会にお茶もご一緒できそうですから。

今日自分の名刺を見て、ふと「日本茶インストラクター」として基本的な知識の棚卸しは大丈夫かしら、と気になりました。ここだけの話です。お茶を淹れることが日々自然になっていくのは自分としてはうれしいのですが、それとインストラクターとしてとはは違います。お茶を楽しめば楽しむほど、「アズ・ユー・ライク(お好きなように)」という気持ちが大切とつくづく感じます。一方で、基本を押さえることも大切で、それで「好きなように」できるようになるとも思います。そこにインストラクターの位置付けがある気がします。

出会いの季節は、過去のテキストや『緑の事典』など集中して読み返す季節なのかもしれません。読書の秋に、お茶本を一通り読んでみたいと思います。きっと最初や前回読んだ時と比べて、感じ方も理解も変わっていることでしょう。次に何をすべきかも見えてくるかもしれません。それもまた楽しみです。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!


ブダペスト祝祭管弦楽団(和名。略称BFZ)の2010-11年シリーズが始まりました。ここのところ最初はマーラーフェスティバルと称されています。曲は、フェスティバルに書き下ろされた新曲と、交響曲7番でした。

シーズン初めということで、また昨年とは異なる種類の定期券を購入したこともあり、「知り合い」に会うかどうかを確認しなければと思いました。他の人たちもそのようで、ホワイエは人であふれています。夏が終わり「久し振り!」「今年もまた会場で会いましょうね」みたいな動きが見られます。私もたびたび演奏会で会う、知り合いの顔を確認しました。「今年は同じ種類の定期券なの」と伝えると、席も近いことが判明しました。初夏までに10回ほど顔を合わせることになります。定期会員が多いコンサートならではの光景、これもコンサートの楽しみの1つです。

マーラーの交響曲を恐らく最初に聴いたのが、2003年の秋です。あれから7年過ぎました。交響曲を少しずつ聴いてきましたが、今回の7番は予習なしでまずはライブで聴いてみようとのぞみました。80分近い演奏ですが、変化に富んだ内容で、さらに最後の大音量は気持ちいいほど会場に響き渡り、華やかな終演を迎えました。聴くたびに、もっとマーラー聴いてもいいかも、と思います。CDより断然会場で聴きたいマーラーです。まだ良さがわかるまではいきません、今後の課題です。

BFZのホームコンサートホールは、ここ芸術宮殿です。やはりホームの演奏は会場の特製を知り尽くしているという素晴らしさがあります。また今シーズン、いつもの魅力、新たな魅力を見せてくれることを期待しつつ楽しみに定期演奏会に通います。

MELIS Laszlo: Dionysia
MAHLER: 7.,e-moll szinfonia

(BBNH20100911)
*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

コンサートから一夜明け、日曜日。先週は月火はかろうじて午前中走りましたが、その後天候も悪くなり、気分的に落ち気味でした。今朝、晴れていることを知り目が覚めました。4日あきました。久し振りに走りに出かけました。

起き抜けですし、エネルギー補給もそれほど充分でないこともあり、軽いジョギングです。自宅から20分ちょっとでマルギット島まで行くと、いつもの日曜朝より多めの人が走っていました。皆、この天候を心待ちにしていたかもしれません。1週間前に開催された、ハーフマラソン大会のTシャツを着ている人もいます。私はほどほどの練習にして、帰路につきました。

帰りはカフェで朝ごはん。少し休日っぽい感じがしました。今日は外のテラスで気温が丁度よかったですが、もう少ししたら外席自体がなくなります。外が気持ちいい今のうちに、もう少し街歩きをしようと思う週初めでした。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

夏休みからまだまだ1ヶ月になりませんが、もう遠い昔のことのよう…。寒くなる前に楽しかった記録を写真と共に。
201008イタリア山
北部イタリアの山岳地帯にてハイキングしました。だいたいトータルで4時間ほど。歩きは3時間弱でした。私にとって本格的な山歩き気分を楽しむことができました。リュックはついに現地で購入、これを背負って次回はどこに行くことになるかしら。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

ハイキングと言ってもかなりの高所を歩きます。天候の急変を考え先を急ぎガンガン歩きました。ゴールが見えた頃に山小屋に寄ることに。一服しました。
201008イタリア山小屋菓子
自家製のヨーグルトを頂きました。そしてこのお手製ケーキ。手づくりのざっくりした焼き菓子の生地は赤いベリーのジャム入りです。優しいお味でした。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

イタリアの山から移動し、オーストリア側の湖に滞在しました。畔をサイクリングやジョギングで過ごしました。宿の自室についた庭から直接湖に出られます。
201008宿庭
※ホテル自室の庭から撮影

総じてアクティブな旅行でした。せっかく湖もありますからゆっくり読書でもということで、半日水辺で過ごしました。緩急つけた滞在型の旅、秋冬への鋭気を養うことができました。
*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

「ずっと張り切っているわけにはいかない」と自分に言い聞かせ、季節の変わり目のここ数日、ダラダラ過ごしました。時には黙って沈殿も必要ではと思っています。メールも普段に比べ不定期チェックになっていたのですが、今朝はいい加減にウォーキングをしようと考え、その前に一応PCを立ち上げました。通常メールとヤフーメール、ツイッターを確認します。その中で1件、とても年齢が下に離れている友人からの久し振りの便りを受信。身体を動かそうと思うタイミングって、こういうことかもしれないと妙に納得です。新社会人の彼女のピチピチとした近況を目に浮かべたら、目が覚めました。「少し動かなくちゃ」。

このところ夜は7時半くらいに暗くなります。8時には完全に真っ暗。1日が短くなってきました。その分朝動きたいと思いますが、ちまたで言われる「早起き」習慣はなかなか身につきません。冬時間になるともっと日中が短くなります。今のうちに早朝活動を習慣つけたいと思っているところです。試行錯誤、色々試します。

少しぐらい天気が悪く、今にも雨が降りそうであっても、傘をポケットに入れてウォーキングに出かけるのもいいものです。今朝やってみたら、小1時間天気はもちました。出てしまえば気分はすっきりです。例え曇の天気でも。暗い天気に慣れてしまえばいいのでしょう。自宅に戻ってどのお茶を淹れようなど考えながら歩きました。不思議と、歩き始める前に思っていたお茶と、戻ってから淹れたお茶が違います…。

ウォーキング(あるいはジョギング)&ティータイムの組み合わせで、朝・午前中を有効に過ごしたいと思います。そして少し早起き目指して。頑張ります…。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!



FC2 トラックバックテーマ:「一人旅、したことありますか?」



こちらのテーマを目にして、そう言えば一人旅、しばらくしていないなと思いました。久し振りに密かに計画してみようかしら…。

20代の頃は本当に「一人旅」というのはしていました。行った先でも1人で動くというもの。初めて京都に行ったのも一人旅でした(※修学旅行は中高ともなぜか別のところで)。その後、いつからか往復は1人だけど現地で食事だけは友人知人と、ということが増えました。純粋に一人旅とは言えないかもしれません。

お茶に関心を持つようになって以降、「お茶の旅」は1人で出かけることもありました。「畑を見たい!」という一心で、大井川鉄道に乗りにいったこともあります。お茶の勉強をしていると、お茶ゆかりの土地に行ってみたくなります。今は欧州にいますが、お茶文化に関わる土地には行ってみたいと思っています。そろそろ本気で計画すべきかもしれません。オランダとか。自分の興味で動くので、きっと1人がいいでしょう。

テーマの「一人旅したことありますか」については、「結構しています」という回答。日帰りでも1泊でも、好奇心の趣くまま無理なく出かけるフットワークの良さを、持ち続けたいと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

それほど頻繁ではありませんが、日本や近隣諸国からお客様を迎えることがあります。古くからの友人知人から、間接的な知り合いで「初対面」の方ということも。例えば友人のお母様のお友達、ということもありました。自宅にお泊り頂くことはほとんどなくて、部分的にご一緒したり情報収集をお手伝いしたり。初めての土地にいらっしゃるという場合は、お声をかけていただくことをとても嬉しく思います。短い滞在の中で、少しでも印象に残る体験をしていただきたいと思うからです。

それでも、天候やお好みがあります。とは言え観光で外せないものというのもありますので、かなり頭の体操になります。あれこれ考えて結果落ち着くところは決まっているのですが…。

今回は夏が終わり久しぶりの来客でした。久しぶりだと街も多少様子が違いますし、情報を整理しておかなければならないと痛感しました。どうしても生活者の視点で、「楽に過ごし」がちな私ですが、客観的に街を見直してみたいと思いました。丁度今回当地に住み始めて丸3年になりました。もう一度フレッシュな気持ちで生活してみようと思います。お客様に刺激を受けた週末でした。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

ご自宅で急須を使っていない方もいらっしゃるかと思います。また急須で淹れたお茶をお飲みの場合も、「自分用」の急須をお持ちでなければ、何となく自分で使うタイミングを逸することもあるのではと思います。私が実家にいた頃を思い出すと、キッチンの急須は母の手にぴったりな形でした(今は万古焼のはず)。それを使うのは少しためらいのある私。破損したら悪い、とも思ったり。

自分のキッチンを見ても、私が使う急須はありますが、他の家族が使う急須は確かにありません。少なくとも表には出ていません。自宅での講座用はあるものの、これは普段用ではありません。「ご自由にどうぞ」という急須は、家庭の中では少ないのかもしれません。コーヒーやワインは好きに入れられるのに、考えてみれば不思議。

そういう環境にあっても、時には、ぜひ「急須」を手に取って頂きたいと思います。先日、恥ずかしながら久し振り(1ヶ月以上)に急須を手にした私は、とてもホッとした時間を持つことができました。常滑焼の丁度手に収まる少人数用の急須、お茶を飲む前に気分が落ち着きました。お茶は飲むだけでなく、手にして楽しむこともできるのです。

忙しい毎日で、急須の手入れを考えるとなかなかということもあるのではと思います(※私も、今だにそういうことあります)。日本茶カフェに立ち寄る良さはここにあります。急須を使う敷居の高さを下げてくれます。

多くの日本茶カフェでは急須を自分で使う楽しみ方を提供しているのではと思います。自宅では揃えないかもしれない器を使って、器の温かさも感じて頂きたい。手になじむ器を、外にキープするような気分を味わうのもいいものです。自分専用の茶器をお持ちの場合ももちろん。

素敵な茶器でのお茶時間を、たまには器の話をしながら過ごせたらいいなと思います。例えば茶器探しも含めた「お茶旅」の計画につながるかもしれません…。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

9月20日(月)は日本は敬老の日、今週は旗日が2日もあるのですね。少し涼しくなったと聞いています、いかがお過ごしでしょうか。

日本のカレンダーを見て気付きました。こちらは普通の週初めです。先週まで天気がグズグズしていたので、今朝の晴天はとてもうれしく感じました。いろいろ活動できそうな気分です。少しいつもと違うことをしてみたいと思います。

とりあえず新しく気になるカフェに行ってみました。普通、実際より最初に見た写真のほうがいい時が多いのですが、店に行ったら店員さんがとてもにこやかで、印象がとてもよかったのがうれしい。いつも同じ行動ばかりだと、秋冬は何となくいやな気がします。行動範囲を少し変えて。それには新しいカフェを1つというのがいいみたいです。少し通ってみたいと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

完璧な秋晴れが2日続きました。洗濯日和で、片付ける前の夏物を一気に洗い上げているところです。面白いくらい速く乾きます。

お肌もきっと乾燥しています。今年6月以降、朝のジョギングをできる範囲で続けていて、紫外線とも闘ってきました。走るニンジンに「季節の変わり目にはフェイシャルエステに行こう!」と掲げていました。いよいよ予約、気持ちのいい1時間を過ごしてきました。

わかってはいましたが、初めて行ったこのサロンの担当者に「顔の肌がとても乾燥している」と、「とても」を強調して指摘されてしまいました。このところ運動効果で顔の筋肉は引き締まってきた気でいましたが(自覚のみで、他人からの評価は?)、皮は別のようです。自覚があったのでサロンに行ったのですが、改めて指摘されるととてもショックで。

夏の間、頑張って走った皆様。季節の変わり目、お肌ご自愛ください。走ったら走ったで、いろいろと身体のケアをしなければなりません。前後のストレッチももちろんですが、お肌の手入れも。

美肌効果を期待して、緑生活ももう一度見直してみたいと思います。暑くて喉が渇く季節から、乾燥で水分を身体が欲する季節になりました。少し水分不足になりがちの私です。がぶ飲み系緑、100gの袋もこれから開けたいと思います…。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

この季節の変わり目、気温の変化についていけないことがあります。少し調子を崩していたら、友人がアドバイスしてくれました。「季節のくだものを食べるといいよ」と。ここでは桃はもう終わりに近づいてきて、イマイチのことが続きました。今は何と言ってもぶどう。

以前は多少抵抗がありましたが、この頃は皮と種もバリバリと一緒に食べられるようになりました。(※どうしても皮が厚すぎるものは別です)ワインも新酒が出ますね。秋の味覚を楽しんで元気に冬を迎えたいと思います。

ミレナリシュぶどう1
8月に撮影したぶどうの写真がありました。暑くて大変そうでした…。このぶどうは…
ミレナリシュぶどう2
自宅からほど近いイベントスペースもある公園の一角に植えられています。ジョギングで通りがかり、ぶどうの様子を見ることもあります。最寄りのぶどう畑です。


*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

日々の生活にどうやってメリハリをつけようかと思うこの頃です。週末を週末らしく過ごすには、金曜日が大事ということで、夜コンサートに出かけることにしました。まだ夏時間で、自宅を出る時間はギリギリ明るいです。

場所は街中のイタリア・インスティトュート。外はとても重厚な建物で、天井高いフラットなホールに椅子が並べられます。近代的なコンサートホールは東京もどこも似た感じもしますが、ここはちょっと欧州風です。席は少々前方を、8列目を選びました。

ソリスト、バラーティ・クリストーフを一度きちんと聴きたくて、リストフェレンツ室内楽団の演奏会を楽しみにしてきました。一度とあるコンサートで、出演予定のバイオリニストが飛行機の関係で到着できなかった時に急遽演奏したのがこのソリストでした。担当者が舞台で事情説明し、代理のソリストの名を呼んだ時、会場がわいたのが印象的でした。素敵な演奏でした。

少し興奮したコンサート。改めて明日付け記事に書きます。曲目のメモは以下の通りです。

Liszt Ferenc Kamarazenekar
ソリスト:Barati Kristof(hegegu)
***
Mendelssohn: 10.,moll vonosszimfonia
Mendelssohn: d-moll hegeduverseny
Sarasate: Carmen-fantazia
Mendelssohn: Esz-dur oktett, op.20
(20100924 Olasz kulturintezet)

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

気に入ると同じことを続けるタイプです。美容院やランチの店、化粧品など5年10年単位で続けていることもあります。それでも時には新しいことを開拓する気持ちを持ち続けたいと思っています。クチコミというよりは、入ってきた初期情報を基に自分の勘を信じて行動する、自分に合うかどうか判断する。日々、ちょっとした行動の勘を研ぎ澄ませることが大切だと感じます。失敗は避けたい気持ちは常にありますが、保守的になりつつある生活に各方面で新しいものを取り入れたいと思っています。日々の生活はこういう小さいことの積重ね、いつか訪れる咄嗟の判断が必要な時ににも、きっと役立つと信じています。

さて改めて先日金曜日のコンサートのことを。演奏家が30代の時に初めて聴いて、それ以来5年10年聴いている演奏家が何人かいます。バイオリニストのレーピンや、カバコシュ、ハンガリーでももちろん何人か。今回は、Barati Kristof。とてもいい出会いができました。ずっと気になっていた演奏家でした、これからの演奏会通いの楽しみができました。

今年2月(私の誕生日でした♪)に初めて演奏を聴いた時、ピンチヒッターということもあり「かけつけて弾いた」感じで、それはそれでナチュラルな感じが好印象でした。今回の演奏を改めて聴き、表現が困りますが、ストレートに言って「とても素敵♪」でした。ハンガリーの演奏家、経歴がユニークで、それがうまく演奏にも出ているようで楽しめました。

秋のこの季節、天気は不安定だし、何となく慌しいし、体力温存の方向になりがちです。その中でコンサートの予定はなかなか立てにくいし、月に何本もというと自制の気持ちが働きがちですが、思い切って行ってよかったです。シーズン始めの9月10月は色々面白いコンサートが続きます。まだ夏時間ですし、時間調整して出かけたいと思います。

(※この記事、コンサート直後に書いたらとても興奮した内容になったでしょう。クールダウンに時間が必要でした。抑えて書きました。)

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

先日急須の話を書きました。(過去記事こちら→連載【忙しい貴方とお茶時間】「急須でお茶を淹れる時間」)もちろん急須を使わないと日本茶は飲めないわけもなく、私も急須を出さないことが多いことも事実です。その辺を少し補足したいと思います。

日本茶の淹れ方を考えれば考えるほど、日本茶との距離ができてしまうことがあります。自分自身の経験です。それでは本末転倒。正しい淹れ方と、その結果得られる美味しいお茶の味を知った上で、どのように普段のお茶、様々な条件に合わせて再現するかが課題だと考えています。確かにそこまでには多少の勉強や経験も必要で(勉強の継続も必要で)、それが時には敷居を上げているのだと思います

茶器は色々試していますが、このところガラスのカップに茶漉しがついている器を使い、試行錯誤ひとり分のお茶を淹れています。器が変わるとまた楽しい。特に扱いの気楽な茶器ならなおさらです。下記HP掲載ではバスケットフィルターに当たります。目が細かく、深蒸し茶も大丈夫です。

※finum日本語HPこちら→http://www.finum.jp/permanent-tea-filters.htm

キッチンには陶製厚手の湯冷ましがありますので、一旦冷まして適温にして使います。もちろんガラスの器も湯通し&温めて。フィルターはカップの大きさに近い、大きいものであれば葉が開くスペースがあります。急須の中でお茶の葉がどうなっているか、イメージしながら代わりとなる茶器を選べば大丈夫です。忘れないうちに、二煎目も。少し高めの温度でざっくり淹れます。カップの大きさによって茶葉の量は加減して。まずは思い切って多目をお試しください。

こういう説明にはやはり写真があるといいですね。「手持ちの茶器でお好きなように」としたい理由(言い訳)で、お茶が入っている画像はアップしないという原則のお茶ブログ。でもたまにはお茶の写真もアップが必要な気がします。後日改めて。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!
ブラームスに惹かれて聴き続けています。ブダペスト祝祭管弦楽団のホーム・ブダペストでの定期演奏会です。このプログラム(3回同一プログラム)の後、ウィーン+アジアツアーが続きます。楽しみに出かけました。

ライブで聴くことの素晴らしさを改めて実感しました。ピアノコンチェルトはCDで楽しむこともありますが、ライブだとまた違って聴こえす。座る席によっても楽しめますし。今回のコンチェルトはCDですと2楽章がいつもきついのですが(私だけかも)、やはり大曲、素晴らしくて、じっくり鑑賞することができました。若手のピアニストは今年のシーズンBFZの外国ツアーに何度も登場する演奏家です。今回ブダペストで聴けてよかったです。どんな熟年ピアニストになっていくか、気になるピアニストがまた1人、です。またの機会を楽しみにしているところです。

バルトークのコンチェルトもライブは楽しい。色々な音色が出てきますが、それをどう演奏しているか見るのも興味深いです。今回は芸術宮殿の1階(日本式で)席11列目ですが、オーケストラ全体が見られて楽しい席です。コントラバスがやはり素晴らしく、見入ってしまいました。

会場は風邪気味の人が多くて少々困りましたが、対策してこれからもライブに通いたいと思います。私、音楽を聴くのも好きですが、コンサート会場に行くことも好きなのだということを確認した演奏会でした。

***
Johannes BRAHMS: Concerto for Piano and Orchestra No.1 in D minor, Op.15
Bela BARTOK: Romanian Dance for Orchestra, Sz.47a, BB61
Bela BARTOK: Concerto for Orchestra, Sz.116, BB123
ピアノ Dejan Lazic
指揮 Ivan Fischer
オーケストラ Budapesti Fesztivalzenekar
(20100927BBNH)

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

ツイッター経由で入ってくる情報には時間帯のせいか、お茶よりRUNやワインの話が多いです。お茶好き・お茶関係の人は早寝早起きではと勝手に想像しています。私がPCに向かう時間帯は、日本時間で9時以降深夜に向けてですので。

RUNの人のツイートでは、ストイックな記録、有言実行的なものも多く、刺激を受けます。ツイッター経由で訪問したある方のブログでは、体重体脂肪も公開していたりで、驚きです。かなり生活が運動に傾いている私ですが、なかなかRUNブログまではできません。恥ずかしい気持ちがまだあります。

こちらはお茶ブログですし、体重の推移は公開しませんが(=当然!)、備忘録のために出場大会を書いてみたいと思いました。

2005年4月 静岡・日本平桜マラソン 5キロ
2006年3月 静岡駿府マラソン 5キロ
2009年4月 ウィーンマラソン ハーフ(21キロ)
   9月 ブダペスト ハーフマラソン 21キロ
   10月 ブダペスト レディースマラソン 10キロ
2010年9月 ブダペスト ハーフマラソン 21キロ
Bpマラソン
※先日の大会、スタート地点を撮影してもらいました。私はずっと後ろから。

エントリーしていたのに出なかった大会は、日本で1回(雨天)、当地で1回です。本当に毎日走って出場したのは、先日のブダペストハーフですから、それまではなかったようなものですけれど、少しずつ今の生活につながっていきました。5キロからいきなりハーフに出ようとした空白の3年間に何があったのだろうと思います(苦笑)。

2005年にウォーキングがきっかけで初めて大会に出ることにしました。いつも沿道の応援側だった私が、通行規制された車道を走る側になったとは、自分でも驚きでした。人に勧められて始めたわけではありません。それがよかったのかもしれないと思います。

お茶に出会ったことで、お茶を求めて旅する面白さを知りました。RUNを求めての旅も楽しいと思います。日本に戻りましたら、お茶どころ中心にマラソン大会の旅をしたいと考えているところです。一旅で三度以上美味しい旅になりそうです。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

今年は「世界お茶まつり」が10月下旬に静岡で開催されます。丁度1ヵ月後となりました。日本にいらっしゃる皆様には、ぜひいらしていただきたいです。また時期は春から秋と様々ですが、全国各地で開催される「お茶まつり」イベントにも一度お出かけいただきたいです。せっかく産地に住んでいらっしゃるのですから、近隣産地に少し足を運び、お茶で遊ぶのもまた楽しいものです。ヨーロッパではお茶は商業的に生産されていませんので、外に出てみてつくづく産地のすごさを思います。

「世界お茶まつり2010」HP→こちら
2010年10月28日~31日開催 ※詳細は上記HPをご確認ください

お茶まつり」、私が最初に行ったのはたまたまのことでした。静岡に転勤引越した2003年秋、引越荷物が届いた日の前後が丁度お茶まつり開催時期でした。片付けをしなければならないところ、せっかく静岡に来たのでと会場である近所の駿府公園に向かいました。一応お茶まつりがあることは知っていましたが、内容はまるで想像できず。

「外人」というのは時にはいいもので、何も知らない旅行者として会場に向かいました。知らない土地ですが、お茶まつりは独特の雰囲気で、中に入っていきやすい感じを受けました。その時に、日本茶インストラクターの存在も知りました(受験したのはそれからずーっと後です)。合組(ブレンド)体験や、碾茶を石臼で挽いて抹茶にするところを見たのもこの時です。どれも珍しくて、楽しい静岡生活のスタートとなったことを思い出します。

お茶まつりの楽しみ方は大きく2通りあると思います。お茶好きとして飲む人として参加する、お茶の専門家(目指す人も含め)として運営で楽しむ。私は後者もさせていただく機会はありましたが、今は前者としての参加がしてみたいです。準備してくださった方々に敬意を表しながら、純粋にお茶を楽しみたい。「美味しい!」という言葉をその場の誰よりも先に発したいと思います。

10月のお茶時間、少し外へ出かけてお茶を楽しみたいと思います。産地ではないこちらでは別の角度で工夫して、秋を楽しもうと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

調味料の片づけをしていて、「アガー」をみつけ、久しぶりに簡単なデザートを作ってみようと思いました。アールグレー紅を固めました。
アールグレーゼリー

実はアールグレーは少々苦手です。美味しいと感じる時もあるのですが波があり、自分では常備していません。先日、旅行会社の景品でアールグレーのTBをたくさん頂きました。飲まないでいても、と思いデザートにしてみました。

アールグレー紅をアイスティーにするのは好きです。低温だと紅の香りが感じにくい分、フレーバーの良さが引き立ちます。冷やしてレモンも入れたりしたらとてもすっきり楽しめます。このデザートもさっぱりして気に入りました。水分量に丁度いい量のアガーと、砂糖をきかせてお試しください。アガーはBIOショップで購入しました(※マクロビレシピに必要でストックしていましたが、最近使っていませんでした)。もちろんゼリー、寒天でも。苦手なお茶の種類も目先を変えて、新たな発見です。

*****
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
にほんブログ村 「お茶紅茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。