7月になりました。街は先月末から本格的な夏休みモードです。あとは「安定した」お日様を待つばかり。

カフェお茶しに行くのは日常です。取り立てて特別なことではなくなっています。それにひきかえ、放っておくと行きそびれることが多いのが「美術館」「ギャラリー」の類。身についていないのでしょう、行こうと思っていると、最終週になって、結局時間が合わず断念ということがあまりにも多い。そこで一念発起(!)。決めたことは「開始直後になるべく行く」というルールです。これで少しは文化的に生活できるでしょうか。ここはブダペスト、街のそれほど広くない範囲に様々な展示が開催されている環境です。

小さい展示は一部屋だったりもして、あっという間に観賞できるため、なるべく気づいたら入ってみるのがいいのだと思います。今朝は、10時開店のとある店に5分早く着き時間があったので、その近くで開催されている、気になっていた展示を見に行きました。

場所はブダペストの中心部にあるポーランド・インスティテュート(→こちら)、紙細工で作られた「絵」の展示です(Katarzyna Kmita modern papirkivagasaibol)。展示数は少なくあっという間でしたが、「青」が印象的で、自宅に戻り家の中の「青」を探しているところです。国旗に青がある国だからでしょうか。ハンガリーの色使いとは若干違って興味深かったのです。

この日は「カフェ」に寄る時間帯ではなく、セットにはしませんでしたが、うまく組み合わせるといいなと思います。「ギャラリー&カフェ」合計30分位であっても、豊かな時間が過ごせそう。コンサート生活がお休みモードの夏は、少しアンテナを変えて街歩きしたいと思っているところです。

*****
<日本ブログ村>に参加しています。
お茶・紅】カテゴリには本日現在参加者156名。
よろしければこちらから、ご覧ください。各サイトが取り上げるお茶記事タイトル(※本文も)、いつも興味深く拝見しています。→http://gourmet.blogmura.com/tea/
ハンガリーでは夏の【前菜】にフルーツの冷たいスープが定番です。当地の人の中でも好き嫌いはあるのかもしれませんが、どのレストランでもメニューに載ります。外から来ると、一度はビックリするメニューではと思います。「前菜が甘いの???」と。

今、市場はさながら「果物屋」状態です。赤いベリー系や、桃も各種出てきました。日本人は1人当たりの果物の消費量が少ないと聞いたことがありますが、この状況を見ると納得。皆、半端ではない量を買っています。

フルーツのスープは苺から始まり、ラズベリー、サクランボ、桃と続きます。季節毎出てきた果物をスープにするのです。今はサクランボが全盛。サワーチェリーの酸っぱさがとてもスッキリ美味しい。暑い日にテラスで食すのが一番かと。最近デザートまで辿り着かない私は、前菜に甘いスープは有難い。結構好きなのです。

このスープをヒントに生まれた飲料が、キリンビバレッジから出ていますね。(→こちら)出荷終了とありますが、もう飲めないのでしょうか。WEBではハンガリーのページも。よろしければご覧ください。(「セカキチ ファンクラブ」からハンガリー編へ→こちら

*****
<日本ブログ村>に参加しています。
【お茶・紅茶】カテゴリには本日現在参加者157名。
よろしければこちらから、ご覧ください。各サイトが取り上げるお茶記事タイトル(※本文も)、いつも興味深く拝見しています。
http://gourmet.blogmura.com/tea/
どこを歩いていても(※旅先でも)、比較的道を聞かれることが多い方ではと思います。当地では、アジア人である私は、見るからに外人のはずなのですが、なぜか何か尋ねられることが多い。

声をかけやすいタイプというのはどうなのでしょうか。以前も当地のスーパーで、老婦人に「値札の字が見えないから読んでくれ」と頼まれました。家の近所で花を見ていたら、「何という花か」と聞かれたり。別にいいんですけど、ハンガリー語で普通に聞かないで欲しいとも思ったり…。

今日はトラムの駅に渡る横断歩道で信号待ちをしていると、やはり老婦人が声をかけてきました。「トラムに乗るのか、あちら側に渡るのか」と。トラムに乗ると答えると、おもむろに私の腕に自分の腕をかけてきました。一緒に横断歩道を渡って欲しかったようです。少しびっくりです。冬の夕暮れだと何となく…、でも今日は夏の昼間です。私にも少々余裕がありました。そのまま一緒に横断歩道を渡り、一番近いトラムの車両へ乗って頂きました。

街中で知らない(ハンガリー)人と腕を組んで歩いているところを見かけても、上記のような事情と思ってください(!?)。余裕と油断は紙一重、気をつけながら、できる範囲で。…不思議な街歩きしています。
1人夕食の日、食事のお供に淹れたのは【水出し焙じ】です。外は雷がゴロゴロ、蒸し暑い夜です。

漉し付のガラスポットに【焙じ】の葉を少し多めに入れ、水をヒタヒタに注ぎます。夕食を準備しながら様子を見ます。の葉が水を吸ってふくらんできたのを確認し、もう少し水を足しました。時間はもっと置いた方がよかったかもしれませんが、これでコップ1杯分、まずは飲み始めます。コップに全て注ぎきったら、改めて次の分の水を足しておきます。お代わりの分です。

朝から炭酸水をガブガブ飲んでいますが、まだ足りません。食事には口の中もさっぱりさせたいので、お茶の類がいいのですが、湯を沸かさず水出しで楽しみます。以前は水でお茶を淹れるなんて考えてもみませんでしたが、一度知るとこんなにいいものはありません。時間はかかるけれどソフトな仕上がりが気に入っています。最初に少量の熱い湯で香りを立たせるのもいいでしょう。

美味しい焙じ茶を手元に置き、一年中楽しみたいです。【水出し焙じ茶】、しばらくマイブーム続きそうです。

*****
<日本ブログ村>ランキングに参加しています。
お茶・紅茶】カテゴリには本日現在参加者159名。
日々参加者増えています!
よろしければこちらから、ご覧ください。
http://gourmet.blogmura.com/tea/
FC2 トラックバックテーマ:「梅雨をふっとばせ!私の雨グッズ」


このテーマ、欧州にいるのですがまるで日本の梅雨のような天候が続くので、書いてみたいと思います。日本のクーラーの「除湿」機能が恋しいです。そして乾燥機付の洗濯機も。

一年中必ず折りたたみの傘をカバンに入れて出歩いていますので、ふいの雨に右往左往することはありません。いつからでしょうか、「誰も迎えに来てくれない」と悟った時から、自衛のために持ち歩いています。これが私の【雨グッズ】です。当地にいても続けています。

とは言え、ほとんど使うことがないので、超軽量の傘を探しました。色は何にでも合う「紺」。今のは同じ形色で2代目です。先日、語学学校に着くなり大雨になり、クラスメートは大慌てでした。私は余裕!です。休憩時間に日本の梅雨について話したくなった私、「日本は今、雨のシーズンで、毎日こうなのよ。いつもこういう傘を持ち歩いているの」と。友人達は私のハンドバックから小さい傘が出てきたのを見て、驚いてくれました。

一般には当地では「すぐ乾く」ということもあり、多少の雨は濡れて行こう!というスタイルを見かけます。でも最近の雨は少々アジア的。空気も湿気ていますのであまり乾かない。皆、さすがに傘を使っています。小雨にフード付の上着はとても重宝します。小旅行には必携です。もう一つの定番の【旅の雨グッズ】です。

湿度が高く、動いて止まると汗が出ます。水分補給も気遣っています。こういう時期は温かい焙じ。これも梅雨の時期の定番。【お茶】まで話が来ましたので、こんなところで。

*****
<日本ブログ村>に参加しています。
お茶・紅】カテゴリには本日現在参加者159名。
よろしければこちらから、ご覧ください。新しい参加者がジワジワ増えて、また楽しみです。
http://gourmet.blogmura.com/tea/
ご自宅に【玉露】眠っていませんか? 先日100gの袋を開け、朝玉露を飲み続けていますが、まだもう少しあります。今朝は、ふと思いつき、静岡の煎とハーフハーフにし淹れてみました。

の方も甘味があり、お茶の葉の量も全体的に多め、温度もそれほど高くなかったこともあり、煎っぽくはなく、「玉露が勝っている!」という印象の出来上がり。でも1本すっきりした美味しさも感じました。明らかに玉露単独とは違う味。

今度は煎2、玉露1で淹れてみたいと思います。こういう試行錯誤を楽しんでいるうちに、玉露もなくなってしまうでしょう。100gの玉露は高価であることは事実ですが、色々楽しめたらお得な気がします。(※私には50gが適量のようですが。)ちなみにこの頃のマイブームは玉露の二煎目を炭酸水で割って飲むという飲み方です。水色はとても薄いのですが、味はしっかりするのが何とも言えず涼しげです。

【玉露】は高めの温度から低めの温度、水出し、ブレンド等々色々な楽しみ方ができると再認識しました。楽しいお茶です。敷居の高かった玉露、もう少し日々のお茶生活に取り入れていきたいと思います。
ブログ【お茶のある日々】<SINCE2007>は、お茶をテーマの中心に、日々横道に逸れつつお届けしております。いつもご訪問いただきありがとうございます。記事を書くことで成長する【グリムス】の木、大人の樹に成長しました。今回は何ともコミカルな樹でした。当ブログにとって合計5本目の植樹となります。また今日から、新しい木を育てていきたいと思います。

今回は100日以上かかってしまいました。ほぼ毎日更新ですが、記事の内容がよくなかったのかもしれません。もう少し「グリムス」成長を意識しつつ環境に配慮した記事も書いてみようかと思います。また新芽を楽しみに、これから数日過ごします。


お茶のある日々】管理人
 ティータイムデザイナー倶楽部
 コーディネーター


※ブログエントリー&植樹でエコ活動につながるグリムス、ご関心ある方はこちらのページへ!
http://www.gremz.com/about.php
暑くて、かえって運動不足になりがちな夏です。当地もいよいよ「梅雨明け」(※注意!欧州には一般に梅雨はありませんが、今年は何となくそんな感じがしましたので、私、勝手に梅雨明け宣言しました)で、日差しも随分本気になってきました。紫外線注意報が出ていそうです。

このままグダグダ太陽からの「危険回避」のために自宅に篭っていると、あっという間に秋になります。今年4月、生まれて初めてウィーン・ハーフマラソン(大会オフィシャルサイト→こちら)を走った私は、次はぜひ秋に走りたいと思っていました。当地ブダペストで大会があります(→こちら)。気付けばもう2ヶ月後です。出るだけでも自分で自分に「ブラボー」ですが、今回は(※出場できたら)、4月の記録を15分くらい縮めたいのです。5キロ当たりをマイナス4分といったら、結構大変です。ドナウ川に浮かぶ島、マルギット島1周約5キロを、いつもより4分早く走るというイメージですから。

単純な私は、目標の期日がわかったとたん、何となくトレーニングモードです。週末はサイクリングに行き、週1回のピラティスも再開しました。(※ずっとサボっていました。)本当、自分でも呆れてしまいます…。

実際ハーフを走り、何がきつかったかがわかっているからだと思います。10キロを過ぎた時点で、予想に反して、心臓は大丈夫でも、足や腰、背中がきつかったのです。直前の泥縄ではどうにもならない部位、塩分もしっかり取りながら、お茶も飲みながら、少しずつトレーニング生活をと思います。まずは今週はスポーツウィークといたします。(※宣言して有言実行…)

*****
<日本ブログ村>に参加しています。
お茶・紅茶】カテゴリには本日現在参加者162名。
よろしければこちらから、ご覧ください。新しい参加者がジワジワ増えて、また楽しみです。
http://gourmet.blogmura.com/tea/
今日は友人と午前11時からの映画に行きました。友人が休暇に入ったので、たまにはいいでしょう。平日ですが、休日気分で過ごします。

初めて入るこの街中の映画館(URÁNIA)の中は、外装とはイメージが異なりとてもエレガントなつくりでした。以前、街中のショッピングセンター併設の映画館で、大ホールにもかかわらず自分を入れて3名で観たこともありますが、今日は「映写室」のような小さい部屋で、結構な人が入っていました。

私は映画を観ていない方なので、日本の「名画座」も知りません。遅い映画鑑賞デビューなのですが、映画館という場に通うこと、とても魅力的と思いました。そして暑い夏は映画に限る、かもしれません。

自宅からは地下鉄で4つ目の駅ですし、また近いうちに行きたいと思います。今日はドイツ語上映、ハンガリー語字幕でしたが、気にしません。気になる映画が観られたことの方がうれしいです。館内にカフェが2つありました。次回は早めに着いて、お茶を一杯楽しんでから映画にしたいと思います。

そうそう、観た映画は「CLARA」、音楽家シューマン夫妻とブラームスが出てきました。これからシューマンのCDを聴きなおそうと思います。
昆布を扱う老舗・奥井海生堂の尾札部産真昆布を水出しで出汁をとり、朝の味噌汁にしていました。実家の母が新宿伊勢丹地下食料品売場(※たぶん)で購入し送ってくれたものです。出汁の後は醤油とみりんで煮て佃煮にして頂きます。昆布は毎日のように使っています。日本の乾物の素晴らしさを再発見する日々、外国での食生活を豊かにしてもらっています。

お茶も乾物、日本茶を生活の中に取り入れることで、今まで以上に海藻類の乾物が身近になりました。乾燥ワカメも必ず毎日何か一品になります。お茶を【水出し】にするようになってからは、昆布出汁も水出しに。

今回使いきった昆布は、味噌汁以外にも重宝しました。水出しで出汁をとり、野菜を煮て、岩塩少々で味を調えるととても美味しい野菜スープになりました。出汁の威力を感じる一品です。こうなってくると、しっかりとした昆布を選びたくなります。

静岡に住み始めた頃から、静岡の昆布専門店さんとのお付き合いがあります。当時は鰹節&ワカメを頂くことが多く、これほど昆布を使うようになったのは当地に住んでからですが。上述昆布の後、今は昨秋自分で購入した、「万能に使える!」と勧めてもらった昆布を愛用中です。少量でも出汁がとてもよく出て美味。アドバイス通りでした。次に店に伺った時はご主人にもっと質問して、自分のイメージに合ったものを手に入れたいと思います。今までは何も知らなすぎました。

乾物は軽いので配送・通販向けでもあります。ご縁のあった専門店さんとお付き合いしながら、せっかくですから美味しい本物を楽しんでいきたいと思います。

*****
※読み物としても面白かったのでよろしければ。
奥井海生堂 http://www.konbu.co.jp/
このところ、3つのカフェをローテーションに歩いています。丁度語学学校帰りに一息つき、手頃な値段で1人ランチがとれる、という条件に合ったところが3ヵ所。新しいカフェを開拓することも好きですが、いいと思ったら通い続ける方です。

語学学校はしばらくお休み(自主的夏休み)。昼時、映画館に行ったら私が時間を間違えていて断念、別の用事を済ませることにしました。その前に一服。今日はしばらく行っていなかったカフェに立ち寄ってみました。以前は好きでよく行っていましたが、道すがらではないので、少し足が遠のいていたのです。久し振りに行くとがっかりすることも少なくなく、気に入った店にはなるべく間をあけずに通うようにしているのですが、4月上旬に行ったきりですから…3ヶ月ぶり。

以前は気付かなかったのですが、コーヒーを入れる担当の人の動きがとても丁寧で感服しました。コーヒーカップをのせるソーサーにお砂糖を置くこと1つとっても、とても「気」が入っているのです。もちろんコーヒーを入れる手つきも素晴らしく、清清しい気持ちになりました。小さいサンドイッチも満足度高かったです。

しばらくぶりでしたが、よりパワーアップしていたようでうれしいです。4つ目のカフェとなりました。1人で歩く時のローテーションに再度加わります。1週間は7日しかありません、平日は5日。暑い日がやってきますが、カフェを目的地の一つとして、街歩きもしたいと思います。

*****
<日本ブログ村>に参加しています。
【お茶・紅茶】カテゴリには本日現在参加者162名。
よろしければこちらから、ご覧ください。新しい参加者がジワジワ増えきています!
http://gourmet.blogmura.com/tea/
旅支度を考える時期は、家の中の片づけをするチャンスではと思っています。スーツケース1つで1週間や10日は過ごせるのですから、どれだけ余計なものに囲まれ生活しているかを実感します。

日々追われた生活も、自分への挑戦という意味では時にはいいのですが、メリハリが大切。今は比較的自由な時間を楽しんでいます。例えば家の中で小さいスペース1ヶ所を整理整頓するだけで、気分が変わるのがうれしい。自分に小さい変化が訪れるのもわかります。

先日【昆布】のブログ記事を書きましたが、食料品のストック確認も外国生活では「片付け」の対象です。最近は「なくてもどうにかなる」と思う様になりました。煎、乾物…最低限の美味しい日本食材さえあれば、当地のものでやっていけます。その見極めも、シンプルかつゆったり暮らすポイントではと思っています。

とはいえ新しい興味も日々拡がりますから、時には見直しも必要なのだと思います。モノが全然ない生活をするにはまだまだ雑念がたくさんある私です。本当に大切なものを見極めながら、モノも楽しみ、暮らしていきたいです。

自宅の周りも夏休み、人が少なくなってきました。静かな環境で、夏こそ少し家に篭り…、と思ったら隣人が大音量で音楽をかけ始めました。こういう日もあります。少し走りに行ってきます…。
手仕事は好きです。でも一旦始めると集中してしまい他のことができません。そこであまり趣味にはなっていないのが実状です。考えてみればあまり「趣味」でしていることはありません。

それでも仕上げたい刺繍があるので、暑い(はずの)8月は自宅でゆっくりお茶を飲みながら作品を仕上げたいと思います。昨年は外に出ていることが危険な日が何日か続きました。朝早く起きて市場(いちば)での買い物も早めに済ませ、一通り片付いたリビングで、お茶を飲みながら2時間ほど刺繍をしたい。ぜひ実現させたい理想の生活です。ハンガリーカロチャ刺繍です。

夏休みは皆さんご家族で過ごすことが多いでしょう、お茶をお誘いするのもどうかしらと考えてしまいます。暑い時期ですから近くにいらしたらお寄り頂きたいとは思いますが、暑い中、あまり無理強いしても。まずは自分のお茶時間を、ゆっくりたっぷり過ごしたいと思います。

キンキンに冷えた冷たいものは本当に飲まなくなりました。当地の我が家の造りが、夏意外と冷えるせいもあるでしょう。せいぜい常温の水出しです。一方、温かいものは身体に負担が少ない気がして、夏の方がかえって欲しくなります。ふんだんに市場に並ぶ果物をお菓子代わりに、温かい紅、焙じ茶を楽しみたい。

朝茶は相変わらず続けています。起きて1杯の水。食卓に座り、改めて煎茶を小振りの茶碗で1杯。夏の1日のスタートにもふさわしいものです。体調を崩しやすい時期だからこそ、毎日の決まりを丁寧にしていきたいと思います。そうしたら自然と刺繍も進むかもしれません。お茶でペースを作る8月にしたいと思います。

*****
<日本ブログ村>に参加しています。
お茶・紅茶】カテゴリには本日現在参加者162名。
よろしければこちらから、ご覧ください。
新しい参加者がジワジワ増えています!
http://gourmet.blogmura.com/tea/
朝起きて水を1杯。朝食には煎とコーヒー。コーヒーが紅になることもあります。比較的朝が弱い私ですが、この朝の決まりごとは続いています。

コーヒーは豆をコーヒーミルを使い手で挽きます。よく通っていた静岡のコーヒー専門店のマスターから、「手で安定して挽くのは難しい」と言われていましたが、最近慣れてきて、手回しのミルでもムラが少なく挽けるようになりました。何事も修練です…。

近頃もう一つ朝の決まりごとが増えています。
【冷を淹れる】ということ。

コーヒーミルを回しながら、湯を沸かします。
湯が湧いたら、コーヒーサーバーの温めと、煎用急須の温め。
豆を挽いたら湯で最初の蒸らしをしますが、
この時煎用湯冷ましにも湯を入れます。
コーヒーを淹れ始めた時に、湯冷ましから煎用茶碗に湯を移します。もう一度湯冷まし。

今は、この時の湯冷ましの湯を、もう1つ用意していた冷茶用のポットに少量入れ、茶葉を開かせます。この一手間ですっきりした味の冷茶ができます。茶葉の開きをみて、あまり時間をおかないうちに水を注ぎます。これもポットの4分の1程度に。少ない水で頑張って浸出してもらいます。

煎茶とコーヒーが飲み終わる頃に、ポットに水を足し、計30分以上のところで茶漉しを使い別のポットに漉します。さらに二煎目として改めて少な目の水を注ぎ浸出。出来上がりの味をみて調整します。少し冷蔵庫に冷やし、飲み頃です。出来上がった冷茶は冷蔵庫保管でも1日以内に召し上がってください。水で出すと、時間をおいても色が変わらないというメリットがあります。

いつものことですが画像あった方がわかりやすいですね。とは言え、朝は慌しく3つ同時進行に淹れていますので、とてもお見せできるような状態では…。家事をひとまず終えた時に、美味しい冷茶が出来上がっているのは楽しみです。同時進行で作る冷茶、気に入っています。よろしければお試しください!

*****
<日本ブログ村>に参加しています。
お茶・紅茶】カテゴリには本日現在参加者161名。
よろしければこちらから、ご覧ください。
http://gourmet.blogmura.com/tea/
パソコンに向かって、ふと自分の手を見ると、随分焼けています。手の甲が日焼けしています。顔は一生懸命UVケアしていますが、手はすっかり忘れていました。まずいです。週末の自転車か…。

少々「つぶやき」コメントのような記事で恐縮です。この頃新聞記事などでも取りざたされております、twitterを始めました。以前、FC2でもミニブログに登録したことがありましたが、あれは3日坊主。今度はどうでしょうか。

「140文字のミニブログのようなもの」という説明を見てから、「ALL ABOUT」等のサイトで概要を調べました。単純な分、どのように使うか自分次第ということらしいです。私、ひらめきは今でも多いと思いますが(!)、最近すぐ忘れてしまう気がするので、メモのように使ってみたいと思います。

ipod等、新しいものもなるべく使ってみないといけないと思っています。4、5年日本を離れるとしたら、戻った時点でその空白を埋める自信がありません。それだけの理由で、今回もtwitter。どういうものか(※+もマイナスも)を知るのがまず最初。使ってみます。

ブログ上でもリンクを貼れるらしいのですが、説明が英語で面倒くさい。とりあえず、「teatimedesign」で登録しましたので、ユーザーの方どうぞよろしく! 更新つぶやきには、なるべく「茶」の文字を入れたいと思います(※せめての自主ルール!)。

*****
こちらがアドレスです。
https://twitter.com/teatimedesign
レモンもあるし、外は暑いし、さっぱりした冷たいアイスティーを淹れ、自宅バルコニーのカフェスペース(※勝手に命名)でお茶したいと思いました。午後になると直射日光を避けることができます。こんなイメージで作ったアイスティーは、猛暑となったこの日買い物から自宅に戻ってのティータイムで、とても美味しく楽しむことができました。

氷を作るのが面倒で(※私、やはりモノグサで)、水出しでチャレンジです。先日日本茶インストラクターのお仲間とのメールのやり取りで、【水出し紅】の話が出ました。以前も水出しはしたことがあるのですが、私の今日のテーマは紅らしい「香り」と「渋味」を出すということ。そこで考え実験です。

耐熱ガラスポットにいつもより多めに入れた紅の葉に熱湯を少量注ぎ、葉を開かせ香りを立たせます。それほど置かず、水を注ぎます(※できれば何回かに分けて)。今日はこれで30分程度放置。もう一つの仕上げのガラスポットに、茶漉しで漉して出来上がり。冷蔵庫でしばらく冷やします。もともと水で入れていますから、氷がなくてもすぐ冷えます。

久し振りにしては上出来です。焙じ茶でもなく、ジュースでもない、絶妙な「紅」が涼しさと透明感を感じさせます。試しにレモンも絞り、それに砂糖を溶かして紅茶へ。これもまたよし。きりっとした渋さがあるお茶ならレモンにも負けません。水色はクリームダウンは気になりませんでした。使用茶葉はダージリン。少なくとも自分で飲む分には問題ありませんでした。あとは何度か作って、水色も確認してみたいと思います。

透明感あってのアイスティー(紅茶)。バルコニーで夏の日差しを反射させて楽しみたいと思います。
*****
<日本ブログ村>に参加しています。
お茶・紅茶】カテゴリには本日現在参加者161名。
よろしければこちらから、ご覧ください。
http://gourmet.blogmura.com/tea/
「写真を鑑賞する」ということをこれほど考えたことはありませんでした。プリントされた写真は自分の目の前にありますが、これを撮影した人の目の前には現場があった、ということなのです。写真を観て身震いしたのは初めてです。

例えば自画像(絵)を観ても最近感じることが以前と違います。自分自身の感受性のアンテナが変わってきているのかもしれません。他のことでもそうなのかもしれません。以前の印象を取り払い、もう一度フレッシュな気持ちで向き合うこと、大切なのだと思います。

写真家ロベルト・キャパRobert Capaの写真展が現在ブダペストで開催されています。世界各国で開催されているもののようです。Capaはブダペスト生まれ。40歳と数ヶ月で亡くなるまでを作品と共に追う展示でした。これまでハンガリーつながりということで、名前と有名な作品は知っていましたが、自分の認識はとても浅かったと思います。名前だけ知っていることは、知っているうちに入らないのです…。ハンガリーに関して、他にもこういうことはたくさんあるのだろうということも、改めて感じました。

*****
写真展の情報はこちら→Ludwig Muzeum, Budapest
Robert Capa
 2009年7月3日~10月11日
いくつになっても目指すものがあるのはいいことだと思います。今年年初から指導を受けているピラティスのコーチはとても素敵な先生。時々ボディーペインティングが派手でびっくりしますが(!)、身体を美しく見せるというプロならではのチャレンジと思い、微笑ましいと感じています。

自分で言うのも何ですが、たぶん腕は日本人としては長い方、当地域で洋服を購入するのに困ることはありません。それでもコーチの腕の長さは素晴らしい。トレーニングの最中「首をもっと長く」と言われますが、言われたとおりにしていけば、長くなりそうな気さえします。丁度運動を始めてから身長が少し伸びたのと同じように。

夏のバカンスシーズンに入ったせいか、先週は2名、この日は私のみ参加のピラティス教室です。いつものレッスン料でプライベートレッスンとなりとてもラッキーです。マットの位置と鏡の位置は、マンツーマン仕様にして、みっちり指導を受けました。

「また来週」と言って別れました。この調子では来週も少人数、何があっても行きたいと思います。姿勢のよいコーチと会うことで、1週間背筋を伸ばし生活していったら、少しはお手本に近づけるかしらと思いつつ。少なくとも当地では、夏は、ジム通いお勧めです。
(20090713)

*****
<日本ブログ村>に参加しています。
【お茶・紅茶】カテゴリには本日現在参加者161名。
よろしければこちらから、ご覧ください。
http://gourmet.blogmura.com/tea/
思ったより手軽で、美味しく、何より「水分補給」といった必要性を感じながら、この頃毎日【水出し緑】を仕込んでいます。前回開けた100gはあっという間(※記録的な!)に飲んでしまいました。現在使用しているお茶の葉は、普通に飲むなら、私の好みとしては渋すぎるお茶です。

同封されていた、そのお茶の販売店の「リーフレット」には、「渋いならお茶の葉の量を減らして入れてみてください」とあります。このところ何日か、減らし減らしの実験中。普段はどちらかと言うと「増やし増やし」の傾向があるので、ちょっと不思議な感じです。

その傍ら冷として水出しも仕込んでいますが、水出しだと悪くないのです。冷と温、好みは別物なのでしょうか、不思議です。「濃い味」という緑茶ドリンクもありますが、そんなイメージなのかもしれません。冷たいと味の感じ方も違いますから、面白いです。別に冷茶用として販売されているお茶ではないでしょうけど、私にとっては夏の冷茶にぴったりかと。それでも最初は「水出しだから」と葉の量を多めに入れていました。今朝は昨日よりさらに減らして様子を見ています。

水色は確実に穏やかになっています。楽しみにこれから仕上げの【茶漉し】。キッチンに向かいます!今回の「渋め」が個性のお茶、レモンを絞ったり、他のお茶の葉とのブレンドも試してみたいと思います。

*****
<日本ブログ村>に参加しています。
【お茶・紅茶】カテゴリには本日現在参加者161名。
よろしければこちらから、ご覧ください。
http://gourmet.blogmura.com/tea/
いつも当ブログ【お茶のある日々】にご訪問いただきありがとうございます。夏の時期、暑くて惰性にことを済ませようという力が働きがちな(?)私です。そこで、自分のために少し確認。

【ブログ更新の目的】
お茶を飲みたい、お茶を楽しむ時間を大切にしたい、という輪を広げること。そして「お茶が気になる」人を増やしたいと思っています。自分がお茶に随分助けられていますから、余計なお世話かもと思いつつも、できれば多くの方に体感してもらいたいと、ブログ記事書いています。個人的には、お茶を通じての「小さな喜び」を積み上げる備忘録のようになっています…。そして基本は自分が楽しいというのも1つ。もちろん【ティータイムデザイナー倶楽部】という考え方に重なっています。

【にほんブログ村ランキング参加の目的】、そして…。
現在外国暮らしですし、最初は「目立たず(?)」をモットーに更新していました。でも、輪を広げるには、ブログでの出会いも大切にしたいと思うようになり、ブログ開設2年となった、2009年4月よりランキングに参加しています。そこで新たに気付いたことがあります。

いつも、「何か起きるかもしれない」と生活しています。ちょっと過敏?と思いつつ。前回の外国暮らし(※それもハンガリーですが。初めては日本の常識ではわからないこと、色々ありました…)の際に身についてしまったようです。日本に戻ってからは、それは「地震」でした。以前静岡と東京を毎週仕事で往復する日々を過ごしていましたので、「地震が来た時自分がどこにいるか」、というのをいつも意識していました。家族との連絡も密にして。仕事中、一度大揺れしたことがあるのですが、その時思ったのは自宅の食器棚…。そして自宅の枕元にはいつも、割れたものの上を歩けるようにスリッパを用意していました。

朝起きてお湯が出ません。思えば昨日の朝も、いつもと違うなという感覚はあったのですが、あまり湯を使うこともないので丸1日忘れていました。お湯が出ないというのは湯の問題だけではないのが我が家の造り。すべての温度調節等も同じガスシステムなので、徐々に問題が出てくると思うと「あ~あ」。以前も同じことがあったのです。

今日はそれでもラッキーでした。当初予想していた、「以前と同じ理由」ではなかったようで、思ったより早く復旧しました。もしかしたら週末ひどい嵐になり、雷もひどかったので、システムに影響があったのかも、と思います。いつも自宅で仕事をしている隣人が早めに手を打ってくれたので、助かりました。

大事には至りませんでしたが、【トラブル】は忘れた頃にやってくる、あまりギリギリの日程・生活をしているとダメだなと思います。この頃「余裕を持って過ごす」ことを心がけています。まだまだ慌て者ですが、こういう時に試されるのでしょう。また近いうちに同じようなことがないとも限りません。その時は涼しい顔で次の一手をと思います。

ホテルに避難しなくてすみそうです。これから、朝仕込んだ冷を一服したいと思います。ふぅ。
暑い日が続きますね。この頃、朝10時位でも外を歩くとグッタリくる気候です。9時に走り始めるのは少し遅いような気さえします。

【朝時間jp(→こちら)】というタイトルのウェブページ・メールマガジンを受信しています。朝弱いのを自認している私、でも比較的涼しい朝を有効に使いたくなる夏です。少しでもいいアイディアを取り入れたい。

「朝ヨガ」のページで気に入ったものを起き抜けに試しています。そして先日は「朝日と共に起きる」というアイディアを拝借して、今実行しています。あえてブラインドを開けて眠り、5時過ぎには目覚めるのですが、結構気持ちいいのです。この方法は真冬には向きませんし。

今朝は6時半から軽く走ってきました。朝、散歩はすることがありますがこの時間に走ったのは久し振りです。ただ思ったのは、起きてすぐは身体が起きていないということ。「走った!」という気持ちになるには、物足りません。暑いけれど、朝食をとり落ち着いた9時前後に走るのが今はベストではと思います。平日こういうことができるのは、会社行ってないからですね(※スミマセン)。

結局スタイルが定まらないまま、試行錯誤で夏が過ぎていきます。1日のどこかの時間帯で軽く走りたいという気持ちだけは高まってきています。「目指す大会」がある、という効果を感じています。今朝は早くに走ったので午前中はゆっくり。PCに向かいつつ、家事をしつつ、二煎目の煎を飲んでいるところです。
*****
【にほんブログ村】に参加しています。
お茶・紅>カテゴリーは現在参加者164名。
よろしければこちらからご覧ください。
http://gourmet.blogmura.com/tea/
今朝は早く起きて朝陽を鑑賞。そう、日本で皆既・部分日食が見える時間帯が当地日の出の時間だったのです。もしやと思いましたが、まさか欠けている訳もなく普通の太陽でした。普段から見ていないので、もしかしたらいつもと違う太陽だったかもしれませんが。でもいいのです。イベント屋の血が騒ぎます、こういうことがなければ夏の朝陽を見ることもありません。今日の当地の日の出予想時間は5時9分でした。日の出前も随分明るくて驚きました。

私だけかもしれませんが、何となく昨年の暑さに比べて拍子抜けしている今年の夏です。暑いは暑いのです。日差しも危険。先週末、朝のマルギット島(※ドナウ川に浮かぶ島、1周約5キロ)を走り始めて、日焼け止めをし忘れたことを思い出しました。朝、寝ぼけていたのですね、私としたことが。この日は涼しく、日差しもそれほど強くなかったのですが、紫外線はまた別です。しっかり、頬が赤くなりました。この年になって命取りです…。

週末の嵐のせいか、何だか涼しいこの数日です。同じ夏の太陽が差しても、ヨーロッパ風に涼しい。ベランダも暑いかなと思いながら、爽やかに過ごせます。このまま一雨ごとに、秋に向かっていくのでしょうか。

夜9時までは確実に明るかったのも、昨日は9時だとそろそろ、という感じ。夏至を過ぎ、まだ夜の日は伸びていたものの、もう限界のようです。これから冬至に向けいよいよ日が短くなってきます。

渋いと思いながら冷には美味しかった100gのお茶がなくなりました。この減り方に我ながらびっくりです。気に入っているということです。この秋冬も冷を淹れようなどと思うこの頃です。
暑中お見舞い申し上げます。

いつもブログ【お茶のある日々】にご訪問いただきありがとうございます。テンプレートのイメージをしばらく変更します。夏本番。色々と知恵を絞り、少し涼しげに過ごしたいと思います。冷もいいですが、暑い時は熱い焙じもいいものです。

皆様、楽しい夏・夏休みをお過ごしください。


ティータイムデザイナー倶楽部
コーディネーター
先日、観たいと思いつつ逃していた【CLARA】に行きました。音楽家シューマン夫妻とブラームスの話。有名なストーリーです。私は以前からシューマンの曲が好き。そして実は最近ブラームスが気になっています…。

ブダペストの映画館は大きく2つのタイプに分かれると思います(※映画に素人の私が言うまでもないのですが)。1つはショッピングセンターに併設されている映画チェーンのもの。そして他は街中にある小さい映画館で、毎日違った映画を上映するところ。この後者では、新しいものから、観そびれたものまで上演されていて、言語も原則オリジナルで字幕つき。フランス映画、イタリア語映画などもたくさん観ることができる環境です。(ただし、字幕はハンガリー語で…)プログラムで、いつ何時に何を上演するか、確認して出かけます。

ストーリーは、事前にインターネットを使って「予習」して行きます。便利な世の中になりました。公式なものから、誰かが日本語でレビューしたものまでありますから、最低限の筋だけ頭に入れて出かけます。あとは映画から感じるものを大切にしたい。ハンガリー語字幕も、もしかしたら理解できるかもしれない…。

『クララ・シューマン 愛の協奏曲』公式HP(日本語)→こちらBUNKAMURAでは本日初日、秋にかけ各地で公開予定。
(20090701)
以前我が家にいらしてくださったかたに「床が光っている」と言われたことがありました。掃除はそこそこしかしていないのですが、たまたま「殻で床を掃く」というのにはまっている時期で、その成果を褒められたようで、とてもうれしかった。

近頃床が光ることなく、くすみがちで気になっていました。しばらく殻を使った掃除をしていませんでした。朝、【水出し】でいつもより多めに殻が出たので一念発起、床を掃くことにしました。ガラスポットに残った殻の水気を切り、床にまきます。

当地の家は玄関から直接靴で自宅に入るつくりです。そのまま廊下・リビング・キッチンと続きます。夏はリビングのバルコニーを解放すると、家はほとんど「外」と同じ。いくら掃除をしてもホコリや砂が入ってきます。こういう時に、殻掃除は本当にすっきりします。掃き始めは水分がある茶殻も、段々水分が飛び、ブラシ(※ホウキでなく、小さいブラシで掃いています)の動きもスムーズになります。すると小さい砂ホコリが巻き込まれ、掃除をした達成感さえ感じます。

床を磨くことが目的でスタートしましたが、実はお茶の香りが家中に漂ってきました。これは忘れていたこと。夏の暑い時期に、お茶の香りはとてもヒンヤリ感じる効果があると思います。

今日は煎茶でしたが、次は焙じ茶で。葉が大きい方が掃除には向いています。水出し焙じ茶を入れ、多めの茶葉をフルに活用したいと思います。次回も楽しみです! 

新たに「やってみよう!」という方は、まずは玄関先など小さいスペースで試してみてください!
*****
【にほんブログ村】<お茶・紅茶>カテゴリーにランキング参加しています。
よろしければこちらからご覧ください。
http://gourmet.blogmura.com/tea/
日本茶インストラクター仲間に連れて行って頂いたカフェ。とても素敵でした、ご紹介させてください。落ち着いた店内で、一人で立ち寄ってもとてもゆったりとした時間が過ごせそうです。今回は友人とのおしゃべりが楽しかった!素敵なギフトもみつかりそうなお店です。

【キャトルエピス】 静岡店(清水区天神)
quatre epice www.quatre-epice.com

久しぶりに美味しいシフォンケーキを堪能いたしました♪

今年は日本ドナウ交流年(HP→こちら)です。ハンガリーはもちろん、周辺の国も対象で、隣国オーストリアももちろんです。これに絡めたイベントが色々開催されています。コンサートももちろん。当該国・国内で開催される分と、日本で開催される分があります。今日は東京でのコンサートのことを。

ウィーン在住のオペラ歌手の方とブログを通じて知り合い、今回の日本でのコンサートのことを聞きました。26日には私の地元荻窪でのリサイタルも予定しているとおっしゃるのです。これを「ご縁」と言わずに何と言う…。26日に続いての、次のコンサート(※荻窪ではありません!)をこのブログでも勝手に告知させていただきます!

三谷結子 ソプラノ・リサイタル 
オ-ストリア・日本国交樹立140周年記念コンサート
2009年7月29日(水)
新宿文化センター小ホール
18:30開場 19:00 開演
出演 三谷結子 (ソプラノ) 安達朋博(ピアノ)
主催 プラネット・ワイ(→こちら) 
後援 日本ヨハン・シュトラウス協会 
協力 ら・ろんど

「夏に爽やかなソプラノ」とても素敵です♪

静岡にて頂戴しましたお茶の「一部」をリストにして、自分の備忘録に。飲んでしまう前に。(※途中経過、順次加筆します)静岡駅近くの【喫・一】さん、掛川の【チャ】さんに伺ったことで、短時間ながら色々と購入させて頂きました。その他専門店さんや生産者さんから求めたもの、お土産に有難く頂戴したお茶などです。皆様ありがとうございました。

★清水茶産地四撰【小島産】【両河内産】【庵原産】【日本平産】
 (商品企画:清水みんなのお茶を創る会
※こちらのシリーズ、数年前に最初に飲ませて頂いたのは【小島産】でした。また楽しみに「いただきます!」
★【玉川茶】(平岡商店
※一煎パックの包装で、帰ったらすぐ頂きます!
★【かぶせ茶】(和田清商店)
★【駿河ほうじ茶】(望月利雄商店)
★茶師前田文男厳選一葉入魂【緑の雫】
 (やまはち(株)前田幸太郎商店
★粉末釜炒り緑茶【べにふうき】
 (白形傳四郎商店
※秋の花粉シーズンに備えて、我が家の常備茶。
★国産ウーロン茶【品種香駿】
 (静岡・森内茶農園
※本格的に国産ウーロンX香駿は初めて、今から楽しみです。
★【渋川銘茶】<やぶきた><おくひかり><おくみどり>
 (浜松・丸十製茶)
★有機茶【田河内の翠】、田河内茶【有機の香】
★【望・新茶】【龍華】(牧之原・菖蒲園)
★ますいさんちの【ひかり】【みらい】無農薬茶
 (川根本町・益井園)
★掛川銘茶【つゆひかり】
 (掛川・山啓製茶
★有機栽培茶【春野】(掛川・中根製茶
★【大滝みどり】(鹿児島・大根占ふかみ会
★中国・緑茶【竜谷麗人】浙江省遂昌県
★西湖龍井
★【加久良】粟ヶ岳在来種・煎茶、同紅茶
 (富士東製茶農業協同組合、掛川・東山)
※絶景の茶産地に行ってまいりました。
★富士東銘茶【まんだいら】(同上)
★【霧の露】煎茶(山水園・静岡・栃沢)
★煎茶【手摘み・渓水】【山澄】
 (静岡・両河内、おざわ製茶
※50gパックと10gパックで。また講座で開封したてを使わせて頂きます。
★粉末緑茶、煎茶ティーバッグ【元気でいなく茶】シリーズ
 (静岡・両河内、おざわ製茶)
※7g10袋入りのTB、私、最強のTBと呼んでいます…。
★紅茶(second flush 夏摘み2008)
★紅茶(フラワリー 春摘み2009)
★紅茶(グリニッシュ 春摘み2009)
★煎茶(特・やぶきた茶)
★煎茶(やぶきた茶)
 (以上5点、静岡・三島、勝又苑)
※エコファーマー認定の、無農薬栽培のお茶
 淹れて頂いた味に再現できるか、楽しみです。
チャ茶】さんに行けば、色々楽しいお茶に出会えるということで、お店に伺いました。私にとって二度目の訪問ですが、何だかもっと行っている気がします。ブログを拝見しているからでしょう。

昨年は直接(※実家経由ですが)送って頂いた、鹿児島【大根占(おおねじめ)】(プログは→こちら)のお茶もありました。【マニアなお茶時間】ゆうさんプロデュース「お茶うけ屋」さんのお菓子も。一煎パックが充実していて、茶畑巡りをする気分を味わえる気がします。

店主のブログ(→こちら)経由で、こちらの会員登録のことを知りました。「遠くに住んでいるし」と思いつつ、こんなチャ茶さんに何か私も参加したいと考えていました。今回伺った目的の1つは年度末までまずは会員になること。趣旨に賛同させていただくことで私のお茶の時間もますますパワーアップ(?)する気がしています。

頂戴したお茶は昨日の記事(→こちら)に加筆いたします。楽しみにお茶時間をと思います。