上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「はつもの」を楽しむと数週間前に書きましたお茶は飲むだけではありません。「葉」を食べることができます。そして、この時期の柔らかな新芽こそ、「食べるお茶」として楽しい。

観光客としてではなく住民として静岡・お茶との関わりを始めたこともあって、なかなか「お茶の天ぷら」を頂く機会がありませんでした。昨年春、友人家族が東京から日帰りで静岡に来てくれることになり一緒に畑をまわりました。私と友達だったばっかりに、茶畑に一日中いる旅行にしてしまいましたね。これも小学校以来の付き合いだから、私の凝り性を少しうれしく思ってくれていると信じます。その時、新金谷駅近くのお料理屋さんで、「お茶の天ぷら」を頂きました。少しほろ苦く、春の味。今も覚えています。

今は冷凍保存のお茶の葉もあります。しかしせっかく春なので、茶畑の「葉」をそのまま頂いてしまいましょう。例えば茶摘みイベントに参加すると、手摘み体験した分を持ち帰り天ぷらに、ということを言われます。ぜひお試しください! そしてできれば茶畑近くで「揚げて」頂きたいですね…。

その他、お茶を淹れた後の葉、つまり茶殻もやわらかい葉だと食べても美味しい。急須の中の葉を少し、つまんでみてください。「意外」なお味をまずは体験ください。酢醤油でおひたし風、あるいは味醂と醤油で佃煮にできます。これまたほろ甘苦い、絶妙な味です。酒の肴にも。

茶殻を食べる場合は、茶殻を腐らせないよう気をつけて扱ってください。「宵越しのお茶」とは浸出したお茶の液体だけではなく、急須の中のお茶(殻)もと考えると…。一晩温かな室内に放置した急須に朝お湯を注いでも、そのお茶は健康によいどころか、お腹をこわすこともあります。佃煮にするのが少し後の場合は、冷蔵庫を利用して早めに調理してください。

「生新茶」という商品も食べるお茶には向いています。そろそろお茶屋さんの今年の品揃えが気になる季節になりました。
スポンサーサイト
当地で出会った日本からの学生さんに「スタバないんですね」と言われました。ああ、確かにないです。それ以外のカフェがたくさんあるので全く不便もなく問題ないのですが、確かに。

近所のショッピングセンター2階本屋店舗内にCAFE FREIがオープンしました。当地英字新聞に紹介され(記事こちら)スタバ風? 先日訪れた時は満席かつ注文カウンターにも人だかり(店員は1人!です)。今日は丁度席があり、注文も空いていました。待つ間、「まさか紙コップじゃないよね」と思います。店オリジナルのカップ&ソーサーで、泡泡のカプチーノがサーブされました。

何か特別なことがない限り、選べるなら紙コップのカフェには入らないことにしています。紙コップで飲む位なら家まで我慢…。以前からです。口ざわりと紙の味が気になります。幸いブダペストはウィーンも近くカフェ文化のお膝元。当地でコーヒー(=kave)を頼むと、エスプレッソサイズで出てきます。デミタスカップ&ソーサーが使われます。なのでついつい、あちらこちらでコーヒーを飲むはめに。ちなみにイタリアのエスプレッソより少し量が多めでうれしい。

先日、この新聞記事を書いた本人に直々に記事を紹介されました。私の所属するIWCという団体に所属のご婦人です。昨秋当地に再び暮らし始めた当初に街で出会った、昔からの顔なじみです。それ以降も、ランチをとろうと1人街を歩く時にお見かけすることが何度かありました。こういうお仕事をされていたのだと、10年越しに判明しました…。ジャーナリスト、インタビュアーだそうです。

このカフェではお茶がリーフで「網かご式、後手急須」でサーブされます。緑関係では「上海緑」という商品があります。日本茶はまだありません。ここで「抹ラテ」がメニューに載る日が来るかしら、と思いつつ、次の人に席を譲ることにします。
最近、業関係(お茶好きさん含む)以外の方の拙ブログへのご訪問を頂く機会も増えました。なかなか「お茶の本丸」に向かわないお茶ブログですが、だからこそのお付き合いも広がると、少し自分に言い訳です。ある方は「海外情報」つながりです(ブログこちら)。とても好奇心旺盛、実はお茶についても色々ご存知だったことが判明しました。そういう方から受けるご質問は、自分のお茶についての知識を再確認する機会となります。

「食べるなんて利用法あったのですね!」
数年前の私も同じことを思ったはずです。意識しないと、お茶を「飲む以外に使う」なんて考えることもありません。日本茶インストラクター教本の「茶の利用」の章を今一度整理したいと思います。

①茶を食べる(料理)
茶葉、粉末茶、茶の浸出液、茶殻、茶の花
取り合わせ食材―→米、豆・豆加工品、油、いも、野菜、菓子、魚肉類、乳・乳製品
②茶を使った商品
茶、飲用(+ミルクなど)、食品、他用途

「他用途」のところが気になります。茶染めで衣料に。住居関係では消臭など、カテキンの抗菌効果を狙った利用法です。

具体的に私がよく利用する方法は、「冷蔵庫の消臭」と、「茶殻を使った床掃除」です。お茶が匂いを吸着する性質であることを使って、「いつ開けたかわからなくなってしまったお茶」を紙袋に移し「ごめんなさい、次からはちゃんと管理するから」とつぶやき冷蔵庫に入って頂いています。茶殻の水を絞って床にまいてほうきで掃く、は定番です。

以前牧之原のお茶農家さんを訪問させて頂いた時、「お茶はやっぱり食用(飲むか食べるか)にして欲しい、せっかくそのために作っているから」と言われました。どうしても「こんな方法あるんですよ!」という方向に向かいがちですが、基本はその通り。自分の管理が上手くないばっかりに、食べることも飲むこともできないお茶を増やしてしまう、そんな時に「お茶の利用法」を思い出して、そのお茶に日の目を当ている、という現状です。次からはそんなお茶をなるべく減らしていきたい、と反省しつつ。

新茶の季節、自宅のお茶を再確認する季節でもあります。お茶が生活の様々なシーンで大活躍することを祈りつつ、今日も茶畑の画像を拝見します。
花見のご報告を頂きます。皆さん呑んでますか~? アルコールと緑と言えば、静岡割りと呼ばれる「焼酎の緑割り」。静岡では「お茶割り」と注文すると烏龍割りではなく緑で割ったものがサーブされます。温かいのと冷たいのがあります。私は残念ながら静岡ではお酒を呑む機会があまりなく、お茶割りも数えるほどしか呑んでいませんが、呑み屋の定番です。乾杯ビールの後は、テーブルに「緑のお酒」が並びます。静岡だな~と思いました。

「お酒を呑む時に、お茶を飲むというのは初めて聞いた」と言われました。アルコールを呑む時にお茶を意識する方法は2つ。「呑む前」と「呑んだ後」です。呑みすぎた!と思ったらお茶を飲む。お茶が持つカフェインによって「酔い」を醒ますのです。酔う状況は気分がいい反面、度を越すと…。「1杯目のビールまで喉をカラカラにして」、もいいですが、私は呑む前にお茶を飲んでいます。

体内に入ったアルコールの分解が悪いと、有害物質となり残って二日酔いとなります。アルコールの分解を促すには充分な量のビタミンCなどがあるといい。お茶にはそれら成分が含まれます。覚醒作用とビタミンCが含まれるお茶、こう考えると「呑む前に飲む」は試してみる価値があります。

もちろん効果感じ方には個人差があります。私の周囲にも最近全くお酒を呑まない人も増えています。そういう方は我が家にいらしたら最初から最後までお茶にして頂いていますが…。お茶とお酒を一緒にとる「お茶割り」は、すごい飲み物だと改めて思います。

以前静岡で時間が押している友人が、呑みに行く前にお茶も飲みたい!というリクエストで、夕食のアポ前の時間に慌てて一緒にお茶カフェに行きました。たっぷり静岡茶を3煎まで飲み、他種の煎茶も試飲させてもらい、店を移りお酒へ突入。…あんなに美味しくお酒を味わえたことはない!という軽やかな酔いを経験しました。それ以来、私は呑む前に飲む。粉末茶を濃い目に溶いて、クッという感じが多いです。

ものすごく呑んでいる人の発言に見えますでしょうか? 週末はいいブドウ畑を探しに郊外に出かける予定です。茶畑見に行けないので…。
1時間だけ先に進んだ夏時間ですが、腹(ハラ)時計は正確。朝は8時、昼は1時とずれた状態が続きます。それでつい午後出そびれて、もう夕方5時ですが、一服。近所のカフェに入ります。

夕食前にどうかと思いますが外はまだ余裕の明るさ。店に入ると似たような人(?)で半分以上席がうまっていました。いつもの通り日が暮れるのを待っているよう、ケーキとコーヒーでおしゃべりです。欧州の日の長い夏が始まりました。

街には陽気な人が多くなった気がします。その反面、日本の5月病のようなものもこの時期あるとかないとか。何となく調子が出なくても、少しずつ慣らしていけばいいと、自分に言い聞かせます。(カフェで夕方お茶、は生活の知恵でしょうか)

他の人も調子が悪いかもしれません。春のせいか少しイライラしているドライバーに巻き込まれないよう、街歩きも注意が必要です。今日もカフェに入る数分前の路上で、追突事故の瞬間を見てしまいました(実はこんなことはこれまで数回あります)。目撃者として証言を頼まれるかしらと思いながらしばしたたずみましたが、本人達はそれどころではありません。幸いけが人はいない模様で、カフェへと向かいました。

家に無事戻るまで、左右前後上下、気をつけて歩こうと思います。色々な春、です。
<朝茶>
カテキン茶
※耐熱ガラスの器でたっぷり。緑色も目覚ましに。
[コーヒー]
<昼茶>
釜炒り茶(静岡)
<夕茶>
台湾烏龍茶
<夜茶>
京番茶

*気温が上がり、暖房+外の気温で乾燥気味。
「風邪っぽい」という声に、たっぷり飲むお茶を選んだ1日でした。
街歩きをして出会ったカフェです。路面電車とバスの乗り換え地点にあるカフェで、先日、ランチに寄りました。改装後ようやくサービスが安定してきて、いよいよマイ・ランチリストの店になりそうです。HP、ただし詳しくないので紹介記事も。

昼はあまりしっかり食べない方です。サンドイッチにコーヒーが基本。ランチをからめて外出することも多く、気軽に美味しいサンドイッチが頂けるカフェは必須です。しかし、軽食ではカフェの経営も難しいのか、このところ好きなカフェもビストロ風になり、しっかり料理を頂くスタイルになっている気がします。ランチをとる店がないと、私もつい出不精になります。

昼ですが「予約は?」と尋ねられます。「サンドイッチとコーヒーでいいんだけど」と答え、カウンターを指差します。もちろんOKで、カウンター席に座ります。カウンター内では、アルコールフリーと思われる冷たい飲み物がバンバン作られています。果物をふんだんに使い、ハーブも飾ります。最近お酒よりレモネード、といった流れがあるとは聞いていましたが、これもその一環でしょう。昼ですし。

エスプレッソと温めたサンドイッチでランチ。しめて日本のドトールコーヒーで、ブレンドとミラノサンドを食べたくらいの予算で済みました(チップ含め)。これならいいです。特別な日のランチ、ということはあまりない生活です。街歩きの友となるようなカフェがあればいいのです。

このカフェは、随分前王宮探索をした帰りに教わりました。普段団体行動を好まないですが、その時はIWCという外国人のご婦人が集まる団体での散策に参加しました。いつもと違う道で王宮から階段で降りてきたところにカフェ。改装前のまた趣きある構えでした。団体で得た情報を1人歩きに生かすこともできる、気後れせずイベントに参加することも時には必要と、ここに来るたびに思います。
自宅から市場(いちば)は徒歩で近いのですが、市場まで行かないところにパン屋ができました。このところ連続してお世話になっています。店内のカフェスペースにいます。

朝のCNNでロンドンに雪が降ったと伝えていました。当地も天気は荒れていて、日が差したかと思うと大粒の雨が音を立てていました。もう家から出ないことも考えつつ、まだまだ日没までは時間があるので一歩外へ。

先ほどからお客さんが1組帰ればまた1組と、ひっきりなしです。月曜日だからでしょうか。少し静かになったとカウンターを見ると、もうほとんど品物が売れてしまっています。以前からガラスケースに並ぶパイが気になっていましたので、今日はカッテージチーズのを1切れ、勧められるままに頂きました。

日本に住むハンガリー人の友人が話していました。「日本にいると忘れているし、ハンガリーに住んでいた時も特に意識はしなかったけど、帰ってくるとカッテージチーズのものが食べたくなる」。

カッテージチーズは料理、ケーキ、お菓子、様々な用途に使われます。週末食後のデザートにパラチンタ(=クレープ)を注文したところ、何も説明もなくカッテージチーズのが出てきました。私、このところ続いていることになります。

ハンガリー人の元気の素なのかもしれません。カルシウムを摂り、元気に街歩きしたいと思います。今日のパイは、少しカロリーが気になります。また坂を歩いて上がって帰ろう。
カフェに行く予定をしていますが、風邪を引きました。鼻がグズグズしています。今、もし鑑定する必要があるなら厳しい。プロ(を目指す)には程遠い健康管理、反省です。

カフェに行くのは鑑定のためではないので問題なく予定通り出かけます。今回の風邪は完全に「うつされた」もの、自分のせいではなく、ただただ通り過ぎるのを待ちます。バスやトラムには鼻をグズグズさせた人がたくさん乗っています。「これがうつった!」確信します。風邪の人と週末一緒に過ごしたので必然です。

今日は鼻がきかないので、お茶カフェなのですがこの際コーヒーにしてしまおうか、などと考えていました。実は今日のティールーム、とても雰囲気がいいので行くのですが、香りに関して気になることがありました。当地(欧州は全体的に?)は洗剤の匂いがきついけれど、この店に充満している何となくの香りは洗剤なのでは、と思っているのです。掃除の匂い、食器洗剤の匂い。お茶とその他の香りはとても微妙な関係です。ハーブやフレーバーも一緒に扱っているとなると、各お茶への匂い移りが気になります。

日本の(特に私のお世話になる)お茶屋さん・お茶関係者の方々は、お茶の本来の味香りを伝えるために、見えない努力をされているのでは、と思います。特に香りに関して。日本にいると当たり前になってしまいます。

自宅の洗剤の香り、時に選ぶ花の香りも、中にいてはわからないことも多いはずです。「外からの目線」をいつも大切にする必要がある、どの分野でも共通することだと今更ながら思います。

今日は少し学んで、紅茶でも味のしっかりしたものを選んでみたら、前回のような香りは気になりませんでした。前回は頼んだものが繊細すぎたのかも、残念です。店にはほのかに「何かの」香りはしましたが。店は気に入っています、注文を選べばお茶も楽しめます。お茶の保存は難しいのだと改めて学びました。また近いうちにこの店に来ようと思います。
今月ばかりは、4月に5月のことを考えている場合ではないのですが、「前月に」の原則で少しお茶のシーンをイメージしてみます。

5月は街のお茶売場でも八十八夜で新の気分高まります。同時に花も夏に向けて瑞々しいので、和菓子とテーブル花の組合せを考えてみましょう。お茶だけ飲んでいると、新は一般にカフェインが強いので、胃がもたれてしまう方も。個人差はありますが、お茶時間の気配りとしてカフェイン対策もぜひ。1煎目の香りと味を楽しんだ後は、少しお腹に入れて、その後のお茶に突入です。

そんなことを考えているとたまたま手元の雑誌に金沢の和菓子の特集が。シンプルな形の和菓子を選べば、多少花が派手でもバランス良さそう、と感じました。もちろん逆も言えます。「金沢に和菓子とお茶の旅」に行ってしまうのもいいです。しかし何も金沢から取り寄せなくても、多少の知識やインスピレーションを持って街を歩くと出会うものも変るはず、です。

花は菖蒲やツツジから色だけ頂き、洋花や小花を選んでもいいでしょう。テーブル花にするには高さがポイント。小花なら、大勢になってしまったテーブルの上にも、ポンと置けそうです。

お花がなくてもお茶は飲めますが、お茶(新茶)を主役に置く時に小さくても存在感のある脇役はお茶を引き立てます。男の方はお花屋さんに立ち寄りにくいかもしれませんが、お花を持って歩く男性は実はとても素敵に見えます。お花を持ち帰り自宅でお茶を淹れる、とても格好いい。近頃は小さい花束アレンジやBOXアレンジもありますので、自宅のガラスコップにまずは合わせて1つ。(妻や彼女、母のためでなく)自分のために花を生けてお茶時間を。
このコンサートは1人で行くのは照れくさい、夫とは行けない…。ピアノ好きの女友達を誘いリスト音楽院へ。1階席も気恥ずかしく、2階バルコニー席の真正面に。舞台にはテレビカメラ3台。

ソロ・ピアニストとはこういう人のことを言うのだと思います。一流とか上手いとかいう言葉は当てはまりません。そんなカテゴリーではない「華」も備えた演奏家。彼は室内楽やコンチェルトで聴きたいとは思いません。会場中が彼だけを見つめる、そんなコンサートにぴったりです。

美しいもの、日々どのように生活に取り入れるか考えるのは重要です。今日は「うっとり」続きのコンサート。

1996年開催のリストピアノコンクールで優勝したピアニストです。5年に一度のコンクール、ちなみに2001年は1位該当なしです。もちろんハンガリーのピアニストとしても期待されています。

「美しい姿を見に」とはどのお客さんも少なからず思っているでしょう。実力もあるけれど、美しすぎるので気の毒なくらいです…。6年ぶりです、当時は売り出し中、大丈夫?というくらいコンサートが続きいつも超満員。この6年の間少し心配をしていたのですが、随分「しっかりした」という印象を持ちました。客席からうれしく再会、聴きました。

「クラッシックはわからない」という話をよく耳にします。今日は曲目も変更し、自分ではプログラムを把握しきれないコンサートでしたが、「曲を知っている」ということはあまり関係ないようです。素晴らしい演奏は、初めての人にも伝わります。もしクラッシックをこれから聴いてみようという方には、若くても素晴らしい演奏家を誰かにご紹介頂き、聴いてみることをお勧めします。今日のコンサートはぜひそういう方にも見て聴いてほしかったです。

美しいだけのコンサートではなく、プログラムも濃いものでした。後日曲目確認のうえご紹介します。アンコール2曲目はベートーベン・ピアノソナタ「月光」の第1楽章。リスト音楽院でベートーベンを選んだことも素敵ですし、「これで終わり???」という次のコンサートへの余韻を残しました。
(LFZA20080410)
鹿児島の初取引が4月10日に行なわれました。いよいよ新前線スタートです。街のお茶屋さんは「予約受付中」で、どんなお茶が来るのか多少敷居が高い「新」ですが、新イベントではもっと気軽に、出来上がったお茶を見て求めることができそうです。

鹿児島産品観光のアンテナショップ、「かごしま遊楽館」では4月13日から新茶イベントが開催されます。遊楽館のHPには詳しくないですが、鹿児島茶業会議所のHPに時間等アップされています。情報を確認の上、よろしければお出かけください。そして様子を教えてください!
お歳暮お中元クリスマス・バレンタインもいいのですが、新のこの季節も「季節の贈り物」のいいタイミングです。「新を少しだけ送る」という縁起物のプレゼント。

東京に友人が多いですが転勤生活でなかなかゆっくり会う機会を作れないでいました。静岡滞在中、園さんのご好意で分けて頂いた「今年最初のお茶(フレッシュな仕上げで賞味期限1週間)」を封筒に入れ、友人に送るということを2年ほどしました。いつお茶ができるかは天候次第なので、到着し次第パッキングして郵便局に持ち込む。GW前で、相手も家にいるかわかりません。旬のものをすぐお口へ、という難しさも感じながらの4月でした。

最初から封筒のパッケージに入った新を送る商品(例えば『静岡初物新茶便り(葉桐・静岡のお茶専門店さんの商品、WEB上では商品紹介見つからず)』、昨年は「しずてつストア」でも扱いがありました)も見かけます。もし目に留まったらぜひ試してみてください(自分用でももちろん)。一言メッセージを添えて。次に会う時の話題にもなりそうです。ご無沙汰している人とはこれがきっかけで再会の約束もできるかもしれません。(日本国内の場合)140円切手を貼り郵便ポストに投函、素晴らしい!

今日、鹿児島からお茶が届き、私も誰かにお茶をプレゼントしたくなりました。友を思い出す季節です。
久しぶりにお茶について熱く語ってしまいました。ドナウ川を見渡す、インターコンチネンタルホテル1階のカフェで、くさり橋を見ながら…。

友人の紹介で、静岡からブダペストにいらした方と街歩きをご一緒しました。その方は単なる観光でいらしたのではないので、私も気持が緩みつい静岡=お茶話。「帰国したら手摘みに行きます」とおっしゃるし、つい。ドナウ川ですからもっとブダペストのお話をすべきだったのに、自宅に戻って気付きます。

こちらに住む友人にも「静岡、随分気に入っているわね~」と言われるほど私にとってはインパクトのある土地です。お茶と出会ったところですもの。外はなかなか日が落ちないので、時計をしっかり見ていなければいくらでも話は尽きません。ホテルのラウンジも長居を決め込む時には有効ですし、危険な場所でもあります。

お茶(畑)に近くなれば、楽しいこと、身体(心身)にいいことがたくさんある。お茶にまつわる様々な敷居の高さをつなぐのが私のような外(今はさらに外国)から来た日本茶インストラクターのような人の役割だ~といったことを話す私。メールやブログのお付き合いで日々書いて話していることを、実際に口に出す機会はあまりありません。普段もかなり抑えて言葉を選んで話しています。

丁度新茶の季節に、このようなお客様がいらしたということは、私もお茶にまだまだ縁があるということでしょう。これが次のアンテナに、いつかつながっていくかもしれないという、再会でした。ゆっくり頑張ります。
「コンサート情報」から好きなコンサートを選んで聴きに行きます。さらに、当地で覚えたのが「年間定期券(数回セット)」を買って、好きなオーケストラを1年通して聴くという方法です。オーケストラだけでなく、企画もので数回セット券、といった形のものもあります。帰国後、日本でも同じ制度があったことを知り、1つのオーケストラを定期会員として聴く楽しみを継続できました。

年間定期で通してオーケストラを聴くと、そのオケの1年間のテーマや練られたプログラムを楽しむことができます。今日のような、「コントラバスのソロ」という、どう見てもメジャーではない演目は、定期に組み込まれているからこそ出会える曲です。音楽の楽しみの幅が広がる気がします。

BFZの舞台でいつも光っている若いコントラバス奏者、ずっと気になっていました。どこかで見たこともあるけど、それがいつだか思い出せないでいます。きっと以前もどこかの舞台で演奏を聴いているのでしょう。今回はソリストとして登場、その演奏を堪能しました。曲も素敵でしたが、あの大きな楽器の音の可能性を見た思いがします。

ショスタコビッチの曲も、恐らく初めて聴いたのではと思います。モーツアルトからハイドンまで、通常の好みでは優先順位が高くない演目で、とても新鮮な後味のコンサートでした。

会場では、以前からのハンガリー(人)の知り合いにばったり会いました。お仲間と談笑する中で、私もご挨拶。このオケはほとんどが定期会員で会場が埋まるので、皆さんも知り合いに会う確率が高まるようです。1階席と2階席で、休憩中手を振る人も見かけます。

当地では9月から始まる2008/2009年シリーズの定期・チケットの売り出しは今頃から注意が必要です。気になる方はインフォメーションなどで、ぜひお尋ねください。

指揮:Mark Wigglesworth
コントラバス・ソリスト:Zsolt Fejervari
演奏:BFZ
W.A.Mozart: Symphony No.1.in E-Flat Major, K.16
Shostakovich: Chamber Symphony Op.110/a
(Rudolph Parshai's transcription of String Quartet No.8)
Carl Ditters von Dittersdorf: Concert in E Major for Doublebass and Orchestra, Krebs 172
J.Haydn: Symphony in C Major, Hob.l:90
(LFZA20080411)
「日本ではペットボトルのお茶を愛飲していたけど、外国では手に入らず、飲み物に困る」という話を耳にします。以前ならコーラやオレンジジュースでしたから、外国でも普通にありますが、今は様子が違います。確かに日本のペットボトルのお茶の商品バリエーションは素晴らしい。つまり国外で好みのペットボトルのお茶に出会うのは色々な意味(値段含め)で難しい。

また、前職場(東京)で、「夏になると家族がペットボトルのお茶をバンバン飲むので、冷蔵庫に何本も入れておかなければならなくて大変」という話が出ました。買いに行くのも大変だし、冷蔵庫の容量も大変、そして費用も、ということでした。

昔は夏は麦、が定番でした。冷蔵庫に麦を冷やす。ペットボトルのお茶が市民権を得て、ファンも増えてくると、夏の飲み物のバリエーションも広がります。以前夏に、とあるお茶の研修会に参加したところ、そこで参加者のお1人に教えて頂いたのが「玉露の粉末茶」の冷茶。その方曰く「これを飲むと他のは飲めなくなる」。空きペットボトルに粉末茶を適量入れ、水を入れフタをして振る。これで美味しい冷茶の出来上がりです。

空きペットボトル等容器(大小、必要量に合わせて)に仕込んでおくと、とても便利、買い物も費用も手頃です。粉末茶は、上記の玉露の他お好みで。お茶屋さん店頭で多少高価だと思っても1リットル当たりの値段を考えて少し贅沢する位でいいのではと思います。保存等は、通常のペットボトルのフタを開けた時と同様お早目にお召し上がりください。

「急須で淹れればいいじゃないか」という声も聞こえそうです。急須で作る冷茶(水出しなども)、時には粉末茶で冷茶。時と場合によってお茶を楽しむ、様々な方法を知っていると、自然とお茶が生活の真ん中に置かれるのでは、と思っています。

外国にお住まいの方は、次に日本から食料を取り寄せる際、粉末茶をぜひ1つリクエストしてみてください。軽いですからお茶は全体量に影響ありません。日本にいても、送料の面からもお茶は「お取り寄せ」向きでもあります。
荷物に制限があり、1つだけお茶を持っていくとしたら、何を選びますか? 私は粉末。ご質問もいただきました。昨日に続き、粉末について、もう少し書きたいと思います。

旅に行っても出先でお茶が飲みたい。TB(ティーバッグ)も便利だけど殻が出るのでお皿をもう1つ汚すことになる…。その点、粉末はスプーンさえあればいいのです。以前はスティックに小分けになっているものを利用していましたが、すぐなくなってしまうし量の加減もしたいので、数十グラム入ったものを愛用しています。その方がお値段もお得です。ちなみに1回分のスティック入りでは、スプーンもいりません。

粉末茶と粉茶、インスタント緑茶は異なります。粉茶は緑茶を製造する時に出る「でもの」という類で、本茶(お茶本体)を製造する際の副産物。美味しくてファンも多く、いつも店にあるわけではない理由がわかります。急須や茶漉しなどを使って淹れます。

粉末茶は、緑茶本体を粉末に加工したもの。そのまま水・湯に溶かします。お茶の全ての成分を身体に取り込むことができる優れものです。インスタント緑茶は、見かけは粉末茶と似ていますが、緑茶を浸出した液体をフリーズドライ加工したものを指すことが多いです。

水に溶け出ない成分にも有効なものがあります。食物繊維、ビタミンA…。茶殻に残るものを飲んでしまう粉末茶は、栄養分でもお勧めなのです。そして、お菓子への応用もききます。パンやスコーン、ムースといったものに応用しやすいので、キッチンに常備すると便利。

今、1つだけお茶を持つことになったら、粉末茶、なのです。急須がないかもしれない方(あるいはそういう状況の方)へのプレゼントにも気が利いています。長期出張者へのお餞別、お土産にも。緑茶の健康効果はご存知の通り。抗菌作用にも有効ですから、体調管理への気遣いが感じられる贈り物になります。仕事場でもぜひ取り入れていただきたいお茶なのです。

粉末茶にも色々あります。お好みのものをよろしければ探してみてください。
ハンガリーのとある国立大学の関係者による「日本語サロン」のHPに、拙ブログ【お茶のある日々】をリンクしたいという連絡を受けました。「ハンガリーに住んでいる日本人のブログ」というカテゴリーですが、メインがハンガリー・ネタでない拙ブログを仲間に入れていただけるというのです。

今年1月、2週間ほどハンガリー第二の都市デブレツエンに語学研修に行きました。その時、「ハンガリー人の友人の紹介」で、大学で日本語を教えている先生と知り合いました。日本語教師として他国でもご指導のキャリアをお持ちのその方は、とてもチャーミングで素敵なマダムでもあります。ハンガリー語を学んだことで知り合えた日本人の友人、その方からのメールでした。

当地に再び住み、以前ここで「お茶」に全く関係なく過ごした経験も合わせて(この点がかえってプラス面かと…)、外国に住む日本人に日本茶をもっと知って欲しいと考えることを基本ラインとして過ごしています。1人の活動ですから、日本茶ファンの日本人を増やすことがまず大切と思っています。しかし、どこかで日本人以外の方にも日本茶をお伝えし、彼らの嗜好も知ってみたいという思いは常にあります。

今回のリンクで、日本に関心を持ち日本語を学ぶ方々に、日本茶について少しでもお話する機会が持てることがうれしいです。今も「お茶を普段意識しない日本人」の方々からのご質問は、私の日本茶インストラクターとしての自己研鑽の機会にもなっています。拙ブログを通して、さらにお茶を知りたいと思っていただけるなら…私もそろそろお茶リンクの作成をしなければと思います。さらにお好みのお茶(話)に向かっていただけるよう、何か考えていかなければ。

一般に欧州ではお茶の木は育ちません。経済的栽培北限のさらに北に位置します。ないものへの思いは、価値を認めた人にとっては大きいもの、大切にしたいです。わかりやすい表現、素朴な疑問に対してもよく考えて、また記事を書いていこうと思います。
今年の静岡茶市場の新茶初取引は4月21日です。いよいよ始まります。ちなみに鹿児島県の初取引は4月10日に行なわれました。

静岡に住んでましたが、静岡市場(取引中、内部)への見学、「ぜひ伺いたいです」と言っておきながら、結局行くことができませんでした。正確には窓の外から一度見たことがあります。朝7時前に自宅から徒歩で向かいました。とても近くに住んでいました。

お茶関係の方は朝が早いというのは、お茶イベントの集合が早いことで何となく知ってはいました。この日起き抜けで茶市場へ向かった時、茶町周辺はもう稼動中。きびきびと動く人が多いのに驚きました。そしてもう取引が終わったような方の車が出入りしています。「やはり私は遅かった」。朝早く動いていらっしゃるから、お茶イベントの時間なんて全然早くない、というのも納得しました。

お忙しい時に素人がアポをとってもと思い遠慮したというのが表向き。朝が弱い私は、アポをとっても涼しい顔で早朝茶市場に時間どおりに行けるか、正直自信がなかったのです。好きなことには集中力を見せるはずですが、根性が足りません。

今月21日の初取引の日程も、朝6時半から。ハンガリー人も朝が早いので、当地で早起きの習慣を付けて帰国すれば、お茶の道に少し近づくでしょうか。帰国にはまだ数年あります。今年はここで初取引結果、様子を楽しみに過ごします。
母の日が近くなりました。「早生・走り」から新と言っているとGWはもうすぐ。お茶好きになってからは、早めに花の手配・予約をすることに決めていました。

今年は日本にいないし、在京の弟たち(義理・実家とも)に任せようと思っていましたが今は便利な時代。インターネット経由の銀行振込で、外国にいながらにして決済、産地から直接花を送ることもできるのです。確か昨年もそうしたのだったと思い出し、やはり今年も送ることにしました。

JA静岡市のHPでバラの産直があります。静岡はバラの産地。そうそう、これを送ったのです。昨年は「おまかせ10本」にしたら、2色のバラが届いていました。今年は「色指定」でオレンジのを贈ろうかしら。

静岡のJAですので、当然お茶の販売ページもあり覗いてみます。本当にお茶の販売店・茶園さんは多種多様、個性派揃いです(「静岡百選」のページ参照)。この中から自分に合った店をみつけるのは大変です。私はお茶の活動やイベントへの参加で「お茶のご縁」ができたので恵まれています。いくつかお付き合いのあるお店や茶園さんに、用途に合わせてお願いすることができます。難しいかもしれませんが、ぜひお茶屋(園)さんとのご縁を作っていただきたいです。

JAのまわし者ではありませんが、産地ならではの味に出会う手がかりとして、全国それぞれのJAのHPにはお得な情報があるような気がしています。私も、静岡だけでなく他の産地のJAも見て、時には日本の味を楽しみたいと思います。バラの花束を贈り、母にEMS(国際郵便)を頼むことになりそうです。
これから新シーズンにかけて、お茶を楽しむイベントが開催されます。実は1年中、色々イベントはあります。新シーズン中は産地は「それどころではない」と思います(それでも色々催ししていただきありがとうございます)。しかし、なかなか普通にしていると情報が入りにくいということを耳にしますので、今後、何らかの形で気がついたものをご紹介していけたらと思います。お近くの方、ぜひお出かけください。

そう考えてふと、静岡県商工業協同組合のHPをみましたところ、やはり募集がありました。喫茶楽塾です。私もこれまで東京・有楽町会場、静岡・牧之原会場に参加者として伺い、静岡・AOI会場では日本茶インストラクターとしてスタッフをさせていただきました。ご興味ありましたら、一度足をお運びください。

友人が、自宅近所のスーパーにてお茶産直販売に出会ったとメールをくれました。今の時期では新茶は産地によっては微妙ですが、お茶の香りに誘われて、の雰囲気を楽しんでいただければと思います。新茶情報も得られるはずです。

当地は雨が毎日どこかの時間で降るという、春らしい天候です。花冷えより寒い日でした。一雨ごとに花が咲いていきます。日本の茶産地に大きな天候の悪化がないよう、願う日々です。
<朝
粉末緑(カテキン
(キームン、香り控えめのもの)
<昼
上級煎(鹿児島)
<夕茶>
ミルクティ(TBを使って気楽にゆったり)
<夜茶>
釜炒り茶(鹿児島)
※コーヒーではなく「お茶系」で攻める毎日。
 外ではどうしてもコーヒーなので、家で美味しいお茶は必須。
旅の予定を考える季節となりました。日帰りの旅、週末の旅、そして夏のヴァカンス。予定を考える時、その土地でどんなお茶を手にしようか思い描くのが自然なこととなりました。

おとなしく国内にとどまり慎ましく(?)生活していたこの半年です。来月、お茶が楽しい街に短い滞在が叶いそう、現在情報収集中です。お茶を目の前に、ワクワクして購入するのは久しぶりです。当地はリーフの紅が日本のように集まる土地ではなく、自分の専門の日本茶中心に過ごす毎日。せっかくですのできちんと缶に納まった正統派の紅を仕入れてこようと思います。この旅でも「お茶」ばかりになりそうです。アンティークの茶器を見るのも楽しそう。

お茶の時間に「つまみ」となるような楽しい話題(ネタ)は欠かせません。かと言って、鼻につく自慢話はお茶を不味くします。加減が難しい。「好きなお茶」と言った話ができる仲のお茶会は、話題が尽きません。

高価ではないけどセンスのいい小物もテーブルにさりげなくあると話題になります。反対に、相手が「それ」をテーブルに置いているときは、こちらも気付き、「あら、これ素敵ね」と言うことが大切。新茶や珍しいお茶に加えて、もしかしたら「こっちよ!」という何かがあるかもしれません。

モノ以外の話題ももちろん。これから行きたい茶畑、茶産地の話などいかがでしょうか。2番茶の摘採(=茶摘み)は1番茶の後、45日前後です。秋の新芽もあります。私は、風に葉がゆれる秋の茶畑が、実は好きです。
お付き合いのあるお茶専門家の方のブログでGWのイベントの紹介がありましたので、当ブログでもご紹介させていただきます。
***************
【お台場学園2008文化祭】
1階広場・観光学部/静岡市 遊学案内所
イベント案内HP 
http://wwwz.fujitv.co.jp/odaiba-gakuen/schedule_f.html
紹介ブログもぜひご覧ください 
http://sacocolo.cocolog-wbs.com/blog/2008/04/gw_082f.html
★お天気でお台場散策も楽しければいいですね。
私としては「遊学」という言葉に惹かれます。遊んで少し学んで、素敵なGWをお過ごしください!
日曜日の午後、リスト音楽院大ホールへ出かけました。以前聴いたBFZのドボルザーク「新世界」はとても素晴らしく、CDでも高い評価を受けました。今日の演目も楽しみです。

もう日差しは随分夏に近くなりました。昼間のコンサートでは窓の外が明るい。今日もバルコニー席で、目の前は打楽器、金管。目が覚めそうな予感です。

演奏を聴き始め、何だか今日は指揮が素晴らしいなと思いました。いつも素晴らしいですが、慣れないチェコ・モノなので気になります。どこかで見た顔、チェコフィル常任指揮者でもあった、日本でもおなじみのアルブレヒトが今日の指揮者でした。

途中大音量でリスト音楽院全体が揺れるようです。演目によって色々な表情を見せるホール。やはりここが好きです。同じ演目を、新しい「芸術宮殿」とこことで聴き比べができればさらに楽しいかもしれません。

ベートーベンのソリストは若いアメリカのピアニスト。26歳!私がこの先も元気でコンサートに通えるのなら、これから40年、このピアニストを聴くことができるのです。きっとどこかで、日本でもご縁があるのではと思います。30代、40代と演奏がどうなっていくのか楽しみに思いました。
**********
Dvorak: Otello --Koncertnyitany, Op.93
Beethoven: III. c-moll zongoraverseny, Op.37
Janacek: Sinfonietta
演奏:BFZ
指揮:Gerd Albrecht
ピアノ:Jonathan Biss
(LFZA20080420)
世界で活躍する日本人ヴィオラ奏者、今井信子さんがソリストで登場する演奏会があり、リスト音楽院大ホールに行ってきました。先月の春のフェスティバルで改めてヴィオラを意識し、4月のコンサートプログラム(日程表)をめくっていたところ、お名前が偶然目に入りました。

最初に今井さんの演奏を聴いたのは静岡音楽館AOIでのピアノ四重奏です。若手ヴァイオリン奏者・山田晃子さんを囲み、ベテランで固めた素晴らしい演奏会でした。欧州で機会があるとは思っていましたが、ここで(客席で)再会できるとは、今井さんの初来ハンガリーでもありました。

弦楽オーケストラも優しい音色でとても素敵でした。新しい発見、5月の演奏会もぜひ聴きたいと思います。

アンコール曲でビオラの独奏。またコンサートで泣いてしまいました。ヘンデルのオペラ「リナルド」の有名なアリア「Lascia ch'io pianga(邦題「涙の流れるままに」として知られる、「嘆くままにしてください」)」。帰宅し歌詞を確認、さらにジンときます。

この曲は静岡で偶然3回聴く機会を持ちました。その時のことが急に蘇ってきたのです。ソプラノ歌手、3人ともタイプは異なりますが、それぞれ違った良さを感じて、静岡での3回目も泣いたことを思いました…。

コンサートを聴き続けることで、その時々の自分自身を思い、幾重にも情景が頭に浮かぶという不思議な体験ができる気がしています。静岡で、もしかしたら私は随分頑張って過ごしたのかもしれない、少し自分を褒めてもいいかなと感じることができました。

細川俊夫作曲の今日の曲は今井信子さん自身の委嘱作品ということで、ハンガリー初演でした。ビオラや弦楽器の様々な音の可能性を楽しめました。
**********
R. Vaugham Williams: Fantacia on a Theme by Thomas Tallis
Toshio Hoshokawa: Voyage No.6 bracsara es vonoszenekarra
***
B. Britten: Simple Simphony op.4
R. Vaugham Williams: Suite bracsara es vonoszenekarra
演奏:Budapesti Vonosok
ビオラ・ソリスト:今井信子
(LFZA20080421)
道を歩き、とても緑がまぶしい春です。この空気、異国ですが何だか「地元」の匂い、不思議な気分です。1年目の生活は季節を一通り過ごすのも大切なこと。ゆったりと過ごします。

慣れた頃は危ない、とつくづく思います。それは生活でも、自分の専門分野でも同じです。慣れた頃、自身の器の扱いなど、もう一度客観的に見直す必要があるのではと、朝を淹れながら思います。慣れた手つきが、実は美しくないのでは、などと考えます。新たな気持ちで…、新の季節は見直しのチャンスです。

先日、いつものカフェ、いつもの席に座り一息つきました。しかしその日は、何だか店の雰囲気が違います。詳しいことは省きますが、「何かおかしい」という鼻が利いたら、その直感を信じて少し距離を置くことも必要かもしれません。このカフェには3ヶ月来ないことに決めました。

3ヶ月行かないことで、店にメッセージを伝えることができるかもしれない。そして3ヶ月たつと、雰囲気はきっとまた変わるものです。

常連であっても、慣れてはいけないと思うのです。店側に特別プラスを求めないけど、維持して欲しい。何事もこの維持が難しいのです。同じ条件であれば同じことができる、これがプロの仕事。

の季節です。そして当地も春です。新しいことを取り入れることが、鼻を利かせるのに不可欠ではと思います。街を歩きます。
友人知人、そしてお茶関係の皆さんのHPやブログで新パッケージの写真をたくさん見かけるようになりました。こちらは産地ではないので、少しテンションが低めです。しかし、何かお茶の写真を撮りたくなりました。プロフィール画像に、ダージリンの商品写真を載せました(そのうちHPへ移動します)。

私の所属する外国人の集まりIWCの月例会、今月のテーマは「インド」。この日を待っていました。インドと言えばお茶の産地。どうにか当地でお茶関係者に会うことができないか、IWCの現在のチェアウーマンは、インド系イギリス人ということもあり、以前からお願いしていました。とは言えなかなかチャンスがなく、今日のこの日を迎えたのです。

(インド人が)インド食材を扱っている店がブダペストには唯一ということで、ご紹介いただきました。昨日早速店に行き、様々な食材を見せていただきました。圧巻!お茶に関しては、ブダペストでよく見かける「量り売り」は1つもなく、全て現地や卸元でパックしているものが扱われています。これには好感が持てます。

日本やイギリスで飲まれる、クオリティーシーズンティーは残念ながらここには入ってきません。しかし、少なくとも他店で扱われている商品と違うお茶があることは確かです。まずは、1つずつ試してみようかと思います。淹れ方はともかく、紅茶に関しては知らないことがたくさん。飲み方やお茶の扱い、商品などを、いろいろ知っていくは楽しそうです。

IWCイベントのたびに「くじ」で数人にプレゼントが当たります。この日の「くじ」では、幸運にも私は「当たり」でした。入会して初めての当たりくじ。ウール&シルクのストールと、ブレスレットを頂きました。写真にあるのは、そのうちの1つです。やはりインド・お茶に「縁」がある、と思うことにしました。
テラスは寒いと思いつつ、店内席には誰も座っていません。ブランケットを羽織っても外、ということ?、カフェに入ります。

外はタンポポなどの綿毛が舞うシーズンでもあります。きっとケーキの上にも…と思うけれど、それを気にしたら春は楽しめない、と言わんばかりです。

美容院で髪を切りました。今日はとても気分のよいシャンプーのサービスを受け、満足した帰り道です。向上心は高く、喜びのハードルは低くをモットーに暮らしています。ヘアサロンはリラックスする処のはずですが、なかなか気を抜けないです。いざとなったら「戦う」気持ちを持てる体調の時に行くべきです。ようやく行く気になり、予約をしました。

日本を離れると、いいレストラン情報は比較的話題になりますが、美容院を勧め合うということは、あまりありません。コミュニケーションの難しさと美的感覚の違い、人まで巻き込めない自己責任の世界とも言えます。

気後れして1月中旬以来、3ヶ月ぶり。来てしまえば「もっと早く来ればよかった」となります。いつもの担当のスタイリストも忙しそう。長い夏休みは取れないほどらしく、人気をキープしているなら何よりです。

次回はシャンプーの彼女も指名したいくらいです。また近いうちにサロンに行きたいと思います。寒いのに店の前ではアイスクリームを注文する、大のおとな達。気分は一気に夏に向かいます。
<朝
(新)(静岡・牧之原、品種「つゆひかり」、荒
※三煎までたっぷり楽しみました。
 青々しい新の香り、畑が蘇ります。
 一煎目は、茶畑を飲んでいるような印象でした。
 昨年の製茶工場研修を思い出します。
 茶殻はすぐに佃煮に。(みりん、醤油)
[コーヒー]
<昼茶>
煎茶(静岡牧之原、「被覆・つゆひかり」、望)
※朝のものと同じ種類で別のお茶、楽しみました。
おにぎり(新茶の佃煮入り)
※ほのかな苦味が春の味。
<午後茶>
ダージリン
粉末緑茶入りスコーン(マスカルポーネ添え)
<夕食後茶>
ハーブティ
※のどの症状を緩和するブレンドのお茶を今日の締めくくりに。

★昨日郵便で届いた「新茶」を楽しむ日曜日になりました。ベランダのテーブルで丁度いい気候、外は新緑が眩しいです。春の味をありがとうございました。いよいよ本格シーズン到来です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。