上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[昼茶]
粉末緑茶(ホット)
[午後茶]
烏龍茶(アイス)
[夜茶]
カテキン茶(ホット)
~「茶空楽」でチーズ・タルトと一緒に~
[夜茶]
ハイビスカスティー
スポンサーサイト
 さすがに今朝は肌の調子がいつもと違う気がしました。昨日実家の引越を終え、「この日までは何とか頑張らなければ(注:自分の引越もこの2ヶ月で2回しています)」というヤマを越えました。夕方まで、先が長そうな片づけを手伝い、今「茶空楽」お茶カフェにいます。

 野菜中心の軽い夕食をし、今晩のメインはチーズ・タルト。他の料理にもチーズが入っていて、少し元気になりました。人は足りないものを欲するのでしょう、一緒に頼んだ「カテキン茶」の緑は細胞に染み込んでいくような実感です。現在の宿、もう少しお世話になりそうなビジネスホテルのお茶は粉末茶でした。私は初めての経験で、量をダブルにしてしっかり摂ると、「細胞に~」の感覚を持つことができ、日々元気にビジネスできそうです。TBの携帯性もこの1ヶ月本当にお世話になっているけれど、粉末茶、それも美味しい粉末茶を持ち歩くことは、秘密の特効薬になるのではと思います。

 このカフェにはこの1ヶ月で4回目になりますが、店に茶香炉があるのに気づきました。実は私はまだ持っていません。地震の国ではどうかなと思っていたのですが。店内を見回す余力がようやくできたのかもしれません。

 さらにショップで見かけたオーガニック紅茶。どこかで目にしたと考えてみて、「荻窪・ぐるっぺ」のレストランだったことを思い出し納得です。ぐるっぺは自然食の分野ではとても老舗で品揃えも素晴らしいのですが、以前そこで見た紅茶、何?と思っていましたので疑問解決です。飲んだものを書き留める、ということも時には役立ちます。

 このところ夜遅い戻りが続き、今日は9時前に帰れそうでうれしいです。中から少し元気になったので、今晩は外からも(=パック)トドメをと思います。

 カフェの隣では盆踊り大会の太鼓が鳴っています。欧州に着く頃には秋なのではと思いながら、まずは日本の夏を楽しみます。
[朝茶]~ウォーキングの前に~
冷烏龍茶
[昼茶]
ダージリン・エキストラ
~ブルックボンドハウス、今月のおすすめ~
[午後茶]
煎茶(赤羽のお茶屋さんで)
[夜茶]
冷そば茶
 時間ができたので、予防接種を受けることにして、有楽町に来ました。日本橋ベースは、こういうことにもとても便利です。

 交通会館で「今日の分」を終え、ブルックボンドハウスのティールームにいます。外はとても夏らしい暑さですが、温かい紅茶、ダージリンを注文し、まだ見ぬインドを想います。(どうしても茶畑の画は静岡になってしまいます)

 2005年12月から約1年間、東京に仕事に来るついでに通ったBBハウス紅茶教室。シニアコース修了(ティーコーディネーターという大そうな証書を頂いていますが…)後も研修会や買い物、喫茶などで訪れています。5年ほど前、日本に帰国した直後、銀座を夫と歩いた時に見つけ、外から眺めていたティールーム。その時はまさか私が「お茶」にこんなに入り込むなんてことは想像もしませんでした。今、窓ガラスの内側にいます。

 紅茶教室のおかげで家で飲む紅茶が別格に美味しくなりました。一時このままでは外に出なくなってしまうのでは心配したほどでしたが、外でも様々な紅茶を試してみるようになり、以前のペースに戻りました。またティーバッグの可能性も、ここできっちり教えていただいたのがよかったです。携帯性高いお茶は現代の生活の様々なシーンに合っています。今の私には一層です。

 実はあと少し時間があるので、コーヒー教室もいいなと思っています。あては多少ありますが、実現には一歩踏み出さなければ。何か1つ発見があると、またカフェ巡りが楽しくなりそうで。---飲むばかりの生活、外を歩いて汗を流すことにします。
 CAFE WIENでメランジェとザッハートルテを頂いています。ここは日本橋三越2階、ウィーンナーワルツのBGMと共に、中欧気分。
 ウィーンのカフェには必ず新聞があります。トーネットのハンガースタンドに、木製の新聞ばさみ(布団たたきの変形のような)に朝日新聞。店内の年齢層もかなり高く、女性客が多いですが、これで店員も「欧州のお母さん」という雰囲気・年齢層であれば、現地に限りなく近い雰囲気です。ウィーンに5年ぶりに行っても、きっと彼女達はしっかり黒皮の財布を守っていることでしょう。

 地元東京にようやく戻り、かつ出発前ということで、古くからの友人と食事をする機会を多く持っています。先日、バブルの時あれほどワインだ、フレンチだといっていた友人が「和食があれば和を選ぶ」と話しました。酒も美味しいものを少量、になり、無理して飲まない。別の場面である友人は「清涼感が欲しい時は、ビールでなく炭酸水でいい」と言っていました。私の追随は「食後のスウィーツを無理に頼まなくなった」「お茶に+ケーキとは限らなくなった」ということ。色々満ち足りて健康的になったと喜ぶべきか、それとも…。

 次回はメランジェに付いてきたチョコレート1つで充分かも、という後味です。ザッハートルテは無糖のクリームと一緒に食べると甘さが不思議といい塩梅になります。それで今日も大丈夫かなと思いましたが、現地のザッハートルテは特に夏はもっと甘いので、もう自信がありません。弱気です。

 どうしても食べてみたいスウィーツはランチタイムに試すしかありません。もっと動き、もっとモリモリ食べられる秋、少し待ち遠しいです。
[ソフト・エスプレッソ]
[メランジュ]
<午後茶>
ミントティー(ホット)
<夕茶>
紅茶~TBをポットで~
<夜茶>
抹茶入り玄米茶~山のお茶のTBなので、1-2分浸出。美味!~
<昼茶> ~滞在中のホテルの部屋で、茶漉し付グラスで~
煎茶(特上山澄・静岡両河内)
<午後茶>
さえみどり(静岡産、茶空楽にて)
<夜茶>
ミントティー(しょうが・レモン入り)インスタント~デトックス用~
 (日本緑茶センター)
日本橋の路地は面白い。老舗が立ち並ぶ中、少し怪しげ(ごめんなさい)雰囲気&チャレンジ心をくすぐる店構え。基本は抹茶のアレンジティーが豊富ですが、メニュートップの「グリーンティ」を頂きました。煎茶の粉末を泡立てています。+砂糖もお勧めです。フードも楽しいので、またランチに行ってみたい店です。http://www.zenchafe.co.jp
<午前茶>
抹茶入り玄米茶(静岡・両河内、TB)~2分浸出~
<昼茶>
紅茶(ホット)
<夜茶>
「グリーンティ」ホット~日本橋のお茶カフェで~
<夜茶>
冷烏龍茶
<昼茶>
ほうじ茶(ホット)~天ぷらの後に。御茶ノ水にて~
<午後茶>
冷烏龍茶
<夕茶>
ペパーミントティ(ホット)
<夜茶>
韓国のお茶(フルーツ系)ホット
<午前茶> ~ティースクールにて。夏に楽しいスパイス茶の実習~
加賀棒茶チャイ(スパイスなし)
スパイスティー
<昼茶>
キームン特選紅茶
<夜茶>
カテキン茶
<夜茶>
ミントティー(デトックス)
<昼茶>
粉末緑茶
<午後茶>
ペパーミントティ(デトックス・粉末ミックス)
<午前茶>
粉末緑茶
<午後茶>
ローズヒップティー(+フルーツシロップ)
<夜茶>
有機ほうじ茶
抹茶入り玄米茶
 神田・日本茶カフェにいます。無事予防接種を射ち終わり、アルコールなしの夕食。一人で軽く身体に良さそうなものをと思い、こちらでお世話になることに。毎日来るのは気恥ずかしいですが、気分はそんなところです。長くなった引越期間を健康に過ごすには、頼りになる外食先が不可欠です。

 金曜日の夜だからでしょうか、予約も含めてテーブル席はほぼ満席。お茶カフェですが、お酒も充実、食事も美味しい、はポイントです。奥にはフランス語を話す人々8人が入ってきました。

 今の仮住まいでの手持ちに焙じ茶がなく、こちらで注文します。この夏、思いがけず長期戦になっているホテル暮らしで、何とかバランスを保っていられる要因には「温かいお茶」があると思っています。10階の部屋は窓を開けるわけにはいかず、1日中空調の中で過ごしています。さらに東京・千代田区はビルの中の街で、外はものすごい熱気です。静岡・本山茶をゆっくり淹れるということは残念ながらできていませんが、紅茶・ハーブティ・緑茶など温かいものをなるべく摂るようにしています。外では紅茶をポットで注文し、しっかりカップで3つ位いただくことができれば最高に落ち着きます。

 今日のほうじ茶で、火香のあるお茶をじっくり飲みたいな~と思うようになりました。あと10日位でどうにか、いよいよ出発となるでしょうか。季節も変わります。私の「サバイバルお茶生活」もそろそろ見直しが必要になってきたかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。