クラッシック音楽が好きです。
ブダペスト時代は、それは親の仇のように(?!)一生懸命コンサートに通いました。
ブログカテゴリー「コンサート/オペラ」にその一部記録しています。こちら

その割には、薀蓄はあまり…(覚えられないのです)。
好きか嫌いかだけで聴いています。
ですから、クラッシック音楽談義は苦手です…。

映画【マエストロ!】が公開になり、行ってきました。

新宿ピカデリーは、座席指定でシートもよくて、お気に入りの映画館です。
席はいつも左端と決めています。

メトロポリタンオペラのライブビューイングでこの映画館に通いますが、その時に「マエストロ!」の公開を知りました。
そして今回すぐ。
映画館の誘導にはまっています…。
こういうのはウェルカムです。

そしてまたメトロポリタンオペラの広告を観て帰宅するのです。
今は、ワーグナー「ニュルンベルクのマイスタージンガー」です。
2月13日(金)まで。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 日本茶
にほんブログ村 暮らしを楽しむ
<にほんブログ村ランキングに参加中>
↑↑↑の【日本茶】バナーまたは「暮らしを楽しむ」リンクを、クリック応援お願いいたします。
1日1クリックでポイントが入ります。
更新の励みになります!ありがとうございます。







飯田橋ギンレイホールへ。
ドキュメンタリー映画を二本立てで観ました。
曜日のせいかもしれないのですが、観客は少な目。
でも客層がいつもと違う感じもしました。
サラリーマン風の男性が多い。
 ↑ 仕事の合間、みたいな人も

私は昨年いくつか続けてドキュメンタリー映画を観たのですが、やはり好きだなと思います。
読書も実は小説はほとんど読まない。
かろうじて、映画は観るようにしようと思っていますが、原作までは読まない。

今日の二本は、とても自分にとってタイムリーな内容でした。
ビルの言葉、「服は鎧(よろい)。日々を乗り越えていく上での」。
これは腑に落ちます。
困難な状況に踏み込む時は、明るい色をあえて身に着ける効果、を最近感じることがありましたから。
そして、自腹でおしゃれする、という価値についても。
これまで「食」や文化的なものは、自腹でこそ身につく、ということで投資してきました。
ファッションも、金額ではなく自分で工夫して経験していくことが、これから生き抜く上で大切ではと思います。

ロドリゲスの映画は、アカデミー賞だったのですね。
知らずに観てしまいました;
ドキュメンタリー部門の過去の受賞をチェックしたいと思います。

Searching for Sugar ManSearching for Sugar Man
(2012/07/24)
Rodriguez

商品詳細を見る

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!
今月、飯田橋のギンレイホールの会員になりました♪
→ギンレイホールHPはこちら
1年間の会員期間で、気合を入れて(!)映画を観たいと思います。
気合入れる必要ないのですが…。苦笑。

私はこれまでの人生であまり映画を観ていません。
でも今から観はじめれば、それはそれで楽しいかもと思っています。
観ていない映画は山ほどあります。
過去に戻ると大変なので、現在から未来にかけて観ていくつもりです。
機会があれば少し過去に戻って。
自宅でDVDで、というのではなく、大スクリーンで観たいのです。

今月はギンレイホールにて次の3本を観ました。
★別離
★桃(タオ)さんのしあわせ
★ローマ法王の休日

今日観た「ローマ法王の休日」は映画の終わり方が「なるほど」というものでした。
深いです。
ただのコメディにならないのが、この手のテーマの映画のミソだと思いました。

イラン~香港~バチカン
と旅をした気分です。
外出の仕方を工夫して、飯田橋経由を続けていこうと思います。
今年の夏は都内でバタバタ。それでも美術館や映画には行く生活はキープしたいと思っています。まめに試写会などもチェックして…。伊勢丹カード主催の試写会のチケットをいただき、行ってまいりました。
A Second WindA Second Wind
(2012/09/01)
フィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ

商品詳細を見る

内容的には色々考えるところあるのですが、それを超えて笑い飛ばせる場面がかえって小気味よく、観てよかった!と思いました。映画、ここ数年、以前よりはるかに観る頻度が増えています。これと思ったら前売券を手に入れて、ちゃんと観ていこうと思います。

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!



前売り券を購入していたので、公開の翌日銀座へ、「アーティスト」を観てきました。素敵な映画、期待通りの独特な世界を楽しみました。サイレント映画で、もともとしゃべらないワンコの演技と、様々なしかけのある映画で、フランス映画のセンスを楽しめました。音楽もいい感じ♪

アーティスト オリジナル・サウンドトラックアーティスト オリジナル・サウンドトラック
(2012/04/11)
サントラ、ローズ・マーフィー 他

商品詳細を見る


映画モードは続きます。先日は時間がうまくあいて立ち寄ろうと思ったのですが、こういう日に限って「電車事故で運休」になっていて断念。またの機会に寄れるようにプログラムだけはチェックしてと思います。
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!



正月にまとめて雑誌を読みました。映画評論コーナーで出ていた映画、SOCIAL NETWORKを観てきました。オリジナル、ハンガリー語字幕です。自宅から徒歩数分の映画館にて。

日本でも今月公開で、内容は伏せますね。事前に日本語版HPを見てから出かけました。印象に残っていることは、セリフの自然さ。英語が早い!アメリカ英語で若者で。日本語でも早い言葉や若者言葉はついていけない(!)こともありますから、あまり深追いせず(笑)映画を楽しみました。

映画は一度行き始めると続きます。こんなに近くでいろいろ楽しめる場所に住んでいるのですから、もっと映画を観たいと思います。冬、お勧めです。

SOCIAL NETWORK日本版HP→こちら

*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!

オペラ座でオペラやバレーを観るのはもちろん素晴らしいのですが、目先を変えて、他国の劇場のオペラ等を映像で楽しむということもできるのが面白い。さすが現代と思います。一度ニューヨーク・メトロポリタンオペラをここブダペストで鑑賞できたのはとても素晴らしかった。今回は、別の映画館で季節ものの「くるみ割り人形」を。

サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場バレーの録画版を映画館で鑑賞しました。オペラと違うのは、バレーの動きを目で追うのが少し厳しいことかと感じました。ライブでは「アップ」になることはありませんから。それを差し引いても、舞台の素晴らしさを観ることができました。そして「一度機会があったらサンクトペテルブルクで観てみたい」とも思いました。

外は雪で、本来劇場に行くには靴や服装に迷う天候でした。こういう時は映画館は気軽です。周囲はポップコーンの香りが…。ご愛嬌です。

くるみ割り人形のバレーはいつ観ても楽しい。主人公の2人もとても初々しくて、うっとりしました。大人になっても尚見所一杯のバレーではと感じました。
*****
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 「日本茶」ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!