上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日、少しだけ出勤の必要がありました。
その前に、5時間超のオペラを観てから。
今シーズンも、ライブビューイングが始まりました。

METの記念すべき(このあたりは省略)今シーズンは豪華な始まりです。
トリスタンとイゾルテ。

私がオペラを観始めたのは30歳の頃、欧州生活を始めた頃です。
日本で、20代独身の時に初めて観たオペラが、トリスタンとイゾルテです。
その後、ブダペストで観て、今回で3回目。
素晴らしかった!
ワーグナーはどれもそうですが、ずっと音楽が鳴り続けます。
そして今自宅に戻っても、ずーっと鳴っています。

METLVを観ると「仕事しよう!」という気になります。
プロの仕事をこれでもかと見せつけられるから。
今日も同じでした。
また私の新シーズン、頑張って仕事をしようと思います。


********
ブログ村ランキングに参加しています。
(1クリックで、ポイント(票)が入ります。)

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
今年もコンサート計画を立てています。
もちろん「鑑賞」の方です。(当たり前か)

METオペラライブビューイングはここ数年、年間10本中ほぼ皆勤で観てきました。
これまで観ていなかったもの、好きで何度も観たもの、織り交ぜて改めてMETで観れるのはとても気に入っています。
ライブでオペラは、日本では観ないことにしています。(家計のためです!)
予算制約がありますから、あれもこれもはできません。
コンサートを計画的に予定に入れて、ライブを楽しんでいます。

今年最初のコンサートで、紀尾井ホールに行ってきました。
以前から聴いてみたかった小菅優さんのピアノが聴けて満足。
ホールも変わらず素敵でした。

*********

ブログ村ランキングに参加しています。
(1クリックで、ポイント(票)が入ります。)

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村
職場で「ああ、仕事だけの生活になりそう!」とつぶやいていたら、同僚の先生に「うそつき!(笑)」と言われてしまいました。
彼女は最近、私が「遊びの人」ということを知るようになったようで。
燃え尽き症候群にはならない、なりそうだからこそ、気分転換の達人を目指しているところです。

このところ自分のためにあまり時間をとれていませんでした。
日曜日午後、臨時で仕事に出ることになり、その前の時間でMETオペラを観に行くことにしました。
チャイコフスキーの「イオランタ」と、バルトークの「青ひげ公の城」。

イオランタは、きっと今までで一番感動したオペラの1つになるでしょう。
ネトレプコとベチャワという最強のキャストで、感動の100分でした。

バルトークの方は、何度も観ている演目。
今回も色々と考えさせられました。象徴的な内容です。
ハンガリー語は短い単語に様々な意味を盛り込むような言語です。
日本語字幕の方が、音より断然長い。
ハンガリー語の語尾の変化を予想しながら、という鑑賞となりました。
忘れている文法が多く、復習の必要性を感じました。
集中して、教本を学びなおそう。

METのライブビューイングもそろそろ今シーズンの終わりに近づいています。
リアルのコンサートも夏までに色々行きたい。
早めにチケットの手配をしなければ。
よく働き、よく遊ぼうと思います。

*********
「お茶のある日々」を読んでいただきありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。
下の【日本茶】バナーをクリック・押していただけると嬉しいです。
(1クリックで、ポイント(票)が入ります。)
画面切り替わり、ランキングが表示されます。
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 日本茶
にほんブログ村 暮らしを楽しむ









素敵な時間を過ごしました。
METライブビューイングで、【ホフマン物語】。

私はこのオペラがとても好きです。
最初に観たのが、随分前にウィーンのオペラ座で。
次に、METライブビューイング@ブダペスト、2009年かな。
欧州でしたから、同時中継でした。(日本の場合は後日字幕付けて上映です)
過去ログ、ありました!→http://teatimedesign.blog96.fc2.com/blog-entry-1010.html
私の初METライブビューイングがこの演目。
その後、一度日本で観て、今回が3回目のMET、全部で4回目の鑑賞となります。
全て、キャストは違います。

好きな理由は色々あるのですが、フランス語で、場面が色々あって、歌手が重厚で。
音楽も素晴らしくて。

今回初めて気づいたのが、ミューズ/ニクラウスの役の素晴らしさ。
タイトルロールのホフマンや、4人の女性は印象的ではありましたが、今回この役どころが素敵でした。
ケイト・リンジー、メゾソプラノが素晴らしかった。

そしてライブビューイングは幕間のインタビューなどが楽しみです。
途中のインタビューで、テノールのグリゴーロが言っていたことが印象的でした。
インタビュアーから、最初からずっと歌う困難についてたずねられると、「体力があれば大丈夫」と言うのです。
そう、力があって、体力もついていけば上手く歌えるということです。
深い。
力があるのが前提だけど、それを発揮させるのは体力だということ。
どんな仕事でも、それは当てはまるのだと思いました。

オペラですから、純粋に芸術を楽しめばいいけれど、明日への活力もいただきました。
初めての「これって花粉症?」という感覚を持つここ数日。
負けません。打ち勝っていきたいと思います。
いい3時間半を過ごしました。

**********
「お茶のある日々」を読んでいただきありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。
下の【日本茶】バナーをクリック・押していただけると嬉しいです。
(1クリックで、ポイント(票)が入ります。)
画面切り替わり、ランキングが表示されます。
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 日本茶
にほんブログ村 暮らしを楽しむ







水曜日の10時前、新宿ピカデリーに行くと、チケット売り場が長蛇の列でした。
レディースデーではありますが、その対象外のMETライブビューイングのチケット表示は「△残りわずか」。
ぎりぎり残り5席で入ることができました。

会場大ポスターの写真です。
年間ポスターが、ルネ・フレミング。
いつも、ライブビューイングではナビゲーター役としても活躍されています。

いつもは空席もあるのですが、人気の演目なのですね。
時間も3時間弱。
セリフもあり、それも英語。
いつものオペラとはずいぶん違いますが、新しいこと、挑戦はいつも大切だなと感じました。

私は初めて鑑賞して、オペレッタ歌手やブロードウェイや、様々な要素を織り込んだ【MET】に感激しました。
これから好きな演目になりそうです。
ハッピーエンドも嬉しい♪


**********
「お茶のある日々」を読んでいただきありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。
下の【日本茶】バナーをクリック・押していただけると更新の励みになります。
画面切り替わり、ランキングが表示されます。
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 日本茶
にほんブログ村 暮らしを楽しむ



メトロポリタンオペラのライブビューイングで、ワーグナー【ニュルンベルクのマイスタージンガー】を鑑賞しました。
新宿ピカデリー、映画館でオペラです。

感動で、何も内容書けません。
皆さん、ぜひいらしてください。

1998年に初めて欧州に暮らし始めたころ、このオペラ演目の存在を教えていただきました。
レクチャーをきいてはいたのですが、実際の鑑賞はなかなか機会がなく、今回初めてです。
ワーグナーのオペラは好きで、これまでもなるべく頑張って(!)行っていました。
何せ、1つが長いですから。
今回は、朝10時始まり、15時半終了。(2回休憩)
これでもMETですから、とても効率的に進んだのだと思います。
でも長さをまったく感じさせませんでした。
そして、15年前ではなく、今観てよかった。きっと。
集大成的な鑑賞後感。
今も余韻が残り、晩御飯の準備なんてできないという感じです。(ゴメン!)
キャッチフレーズにあるような、「恋とオペラは、やめられない」というような演目でした。

13日(金)までで、その後、夏にはアンコール上演もあるでしょう。
ぜひ。
ちなみに今月は忙しく、21日(土)から、レハールの「メリー・ウィドウ」があります。
METLVのポスターになっている、ルネ・フレミングがタイトルロールです。
楽しみです♪

日々の仕事もしっかりして、メリハリつけて春の音楽シーズンを過ごしたいと思います。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 日本茶
にほんブログ村 暮らしを楽しむ
<にほんブログ村ランキングに参加中>
↑↑↑の【日本茶】バナーまたは「暮らしを楽しむ」リンクを、クリック応援お願いいたします。
1日1クリックでポイントが入ります。
更新の励みになります!ありがとうございます。







12月ですが、頑張って、METライブビューイングの【カルメン】に行ってまいりました。
新宿ピカデリーです。

先日食事会でお会いしたご夫婦も、昨シーズン10回すべて、METLVをご覧になったと話されていました。
会場は、きっとそんなファンが多いのだと思います。

オペラはもちろんなのですが、「プロの仕事」を惚れ惚れして拝見する機会、という位置づけで通っています。
超一流の場こそ、競争が激しいのだと思います。
ポジションをとったらそのまま安泰という世界ではないでしょう。
危機感を持って、最高のものを提供し続けること。
その姿勢はとても勉強になり刺激を受けます。

年の終わりに、15年ぶりくらいでカルメンを観ました。
ほぼ知っている曲が続きます。
シンプルなお話ですが、とてもヨーロッパぽいストーリーだなあと思いながら観ていました。
熱い舞台。
有名な作品ほど、自分の成長と合わせて何度も観るというのは、ありだなと思いました。

来年早々はロッシーニ。

歌劇《セビリャの理髪師》全曲 [DVD]歌劇《セビリャの理髪師》全曲 [DVD]
(2003/11/21)
ミラノ・スカラ座合唱団

商品詳細を見る

METのHPはこちら↓
http://www.shochiku.co.jp/met/program/1415/index.html#program_04

1/24~30です。30キロのレースもこの頃です。
来年も、計画的によく遊びよく遊び...のつもりです。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村ランキングに参加しています。
↑↑↑のバナーを、クリック応援お願いいたします!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。